まとめサイト - カナ速

まとめサイト - カナ速

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧
注目の記事
download.jpg

1

兵庫県西宮市の集合住宅で3月、36歳の女性が遺体で見つかった。遺体はごみの山に埋もれ、下半身の服が脱げている状態だったという。筋力が徐々に低下する難病「筋ジストロフィー」を患い、一緒に暮らす母に介護されていた女性。死体遺棄罪に問われた母の判決が18日にあり、裁判官は執行猶予付きの有罪を言い渡した。母子に何が起きたのか。公判では、家族4人が筋ジス患者になった壮絶な介護の経験が明かされた。

「眠れない日が続いて、心身共にボロボロだった。でも娘が『お母さんのそばにいたい』と言うので、施設には入れなかった」
逮捕、起訴された女(68)は神戸地裁尼崎支部の公判で、検察官や弁護人の質問に答える形で、次女の遺体を遺棄するまでに至った経緯を語った。

女は、いずれも筋ジスを患う夫、長女、次女、三女の4人を1人で介護していた。食事や風呂の介助、病院の付き添い…。少しずつ症状の重くなる家族を懸命に支えた。
しかし約8年前までに夫と長女、三女が亡くなり、次女と2人暮らしに。次女の病状は当初軽く、独力で歩いたり食事したりすることもできた。だが徐々に症状が悪くなり、寝たきりの状態になったという。
経済的にも困窮した。少ない年金で生活をやりくりし、一時は口座の残高がゼロになった。

今年3月22日午後5時ごろ。手押し車にごみを積んで歩く女に、警察官が声を掛けた。目はうつろだった。警察官が自宅に送り届けると、ごみの下から足のようなものが出ていた。次女の遺体だった。
「眠れない日が続いて、身も心もボロボロだった」。法廷で女は当時の状況をそう語った。
ほかの家族が施設で亡くなる姿を見た次女が「自分に何かあったときはそばにいてほしい」と女に話していたことも打ち明けた。

全文は下記
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202106/sp/0014427256.shtml


2
かわいそすぎる


3
地獄かな


4
地獄やろ
刑務所のが楽なレベル





123456次へ

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。




top

bottom