まとめサイト - カナ速

まとめサイト - カナ速

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧
注目の記事
3.jpg

1

「朝の生番組で志らくさんを見て、『あっ、またやったんだ』、『志らくさんは未だに奥さんの管理ができていないのか』と怒りが再燃しました」こう憤るのは、都内で芸能事務所を営むA社長だ。

「週刊文春」3月5日発売号で報じた立川志らく(56)の妻・酒井莉加(38)と志らくの弟子との不倫。発売当日の朝、志らくが「グッとラック!」(TBS系)の冒頭で「私は妻のことを信じております」と語った。

その言葉を聞き、A社長は当時20代後半だった俳優Bを思い出したという。

「5年以上前になりますが、志らくさんはBにチャンスをくださって、主宰する『下町ダニーローズ』の舞台に出していただくことになったのです」(同前)

ところが、その稽古期間中、Bは同じ舞台に出ていた酒井と不貞行為に及んでしまったという。

「それを知って、とにかく志らくさんにお詫びしなければと思い、すぐに私の部下を志らくさんのご自宅へ行かせました」(同前)
事務所スタッフは志らくの自宅を訪れ、まず最初に土下座した。しかし、怒り心頭だった志らくはこう言い放ったのである。

「お宅の会社の方針として、こういうことがあったとき、クビにしないのか」 「自粛させないのか」
事務所スタッフは1時間ほど平身低頭で謝罪。何とかその場は収めたが、その日以降も話し合いが続いた。

「Bは売り出し中で大切に育てていたので、クビだけは受け入れられなかった。
志らくさんとの話し合いの結果、Bの活動を当面自粛させることになりました。もちろん、私はBを叱りました」(前出・A社長)

後日、A社長はBから詳しく話を聞いた。すると、Bは酒井から執拗に言い寄られたり、「私の立場がわかっているのか」と脅されていたと打ち明けたという。

「B本人は自分の過ちを認めて反省しつつ、『できれば関係を持ちたくなかった』と話していました」(同前)

その当時の2人の関係を物語るLINEのやりとりを「週刊文春」は入手した。

2人が一夜をともにした3日後、酒井は〈Bさんのことが好きー〉と告白。その翌日には〈明日も夜一緒にいてください〉。さらに翌日以後も食事に誘って、〈そのまま泊まりましょう。日曜日、着替え持ってきてねー、お休みー〉

ただ、このときは酒井の誘いを何とかかわしたB。次の日の深夜、酒井はBに愚痴をこぼす。
〈志らく支えるの疲れたー助けてー〉
そんな酒井をBがなだめていると……。

その翌日の夜、〈志らくです〉と名乗り、立て続けにLINEが届いたのだ。
〈本番中揉め事をおこさないように。〉
〈かみさんとどうなったんだ〉
〈返事ないなら明日俺に喋りかけるな。〉

Bが〈なにもなっておりません。明日、お話をさせていただけませんか〉と返信したが、返事はなかった。
その翌日の昼――。酒井からメッセージが届いた。

酒井から届いた驚きのメッセージ

〈わー!ごめん!志らく狂ってたね!〉
酒井は志らくが勝手にLINEしたと強調した上で、〈睡眠薬のんでラリっていたから覚えてないって言ってるから多分、何も言わなくても大丈夫だよー! まぢ焦ったごめんね〉

志らくの所属事務所に書面で確認したが、回答はなかった。

前出のA社長が話す。「妻を守るという前に、奥様が立場を利用して若い男性と関係を持つことが多々あるなら、一方的に不倫相手を責める前に、どちらが加害者なのかを見極めてほしい。志らくさんには家庭をまずきちんとしていただきたいと思います」
https://bunshun.jp/articles/-/36910


2
嫁最悪w


6
忘れた頃に文春がやってきた


8
夫婦で恐喝詐欺とかしてそう





前へ12345678次へ

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。




top

bottom