2ちゃんねるまとめ 音楽・声優 - カナ速 [http://kanasoku.info/archives/cat_144309.html]

カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

■ スポンサーリンク
■ ヘッドライン
 

人気記事 - 7Days

最新記事

音楽・声優



1

米歌手アレサ・フランクリンが亡くなり、多くの人から追悼の声が寄せられている。
「クイーン・オブ・ソウル」の異名を持つ彼女に海外ではローリング・ストーンズ、ホール&オーツ、ビリー・ジョエル、クインシー・ジョーンズのほか、彼女の出演映画「ブルース・ブラザース」の主演の1人ダン・エイクロイドさんからも追悼の声が寄せられている。日本からも数々の著名人が哀悼の意を表している。

■「ロックの殿堂」入りも
2018年8月16日(現地時間)、アレサ・フランクリンさんが膵臓(すいぞう)がんのため米ミシガン州デトロイトで亡くなった。76歳だった。各メディアが報じている。

フランクリンさんは1942年テネシー州メンフィスに生まれ、デトロイトで育った。その後デビューを果たし、67年に「貴方だけを愛して」、オーティス・レディングのカバー曲「リスペクト」がヒットを記録してスターに躍り出た。

80年には米映画「ブルース・ブラザース」にマット・マーフィーさんの妻で食堂のおかみさん役で出演。劇中で68年のヒット曲「シンク」を歌い上げて観客にインパクトを残した。

70年代後半から一時レコードセールスが落ち込んだものの、84年に「フリーウェイ・オブ・ラヴ」、86年には英歌手のジョージ・マイケルさんとのデュエット曲「愛のおとずれ」がヒットし、その人気を不動のものにした。86年に英ロック・バンド「ローリング・ストーンズ」の楽曲「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」をカバーし、演奏にはキース・リチャーズさんとロン・ウッドさんが参加した。

2008年の米音楽誌ローリングストーンが選ぶ「歴史上最も偉大なシンガー100人」では1位を獲得した。18のグラミー賞を受賞し、女性ミュージシャンとしては初めて「ロックの殿堂」入りも果たした。カーター、クリントン、オバマと3度の大統領就任式でパフォーマンスを行っている。

最後にステージに上がったのは2017年11月に米歌手エルトン・ジョンさんが毎年開催しているエイズ財団のガラ・コンサートだった。



◆ 日本のミュージシャンからも追悼コメントが多数
訃報を受けて、ミュージシャンたちがツイッターで追悼コメントを投稿している。
英ロック・バンド「ローリング・ストーンズ」から共演経験のあるキース・リチャーズさんとロン・ウッドさんがそれぞれコメントしたほか、バンドの公式アカウントからも投稿があった。

米音楽番組「ソウル・トレイン」などで共演経験があり、仲の良い友人であるミュージシャンのスモーキー・ロビンソンさんは彼女とのステージ写真を公開している。

米音楽プロデューサーのクインシー・ジョーンズさんは「唯一の真の女王」と評し、彼女とのツーショット写真を投稿した。

日本のミュージシャンからも追悼の声が集まった。

YMOメンバーで音楽家の高橋幸宏さんは、  「本当にありがとうございました。僕がここで言う事に意味があるかないかではなく、感謝します」と偲んだ。

ロック・バンド「THE BAWDIES(ザ・ボゥディーズ)」のボーカル・ベースのROYさんは自身の思い出を交えてこう語った。
 「アレサ・フランクリンが亡くなってしまいました。すごく悲しいです。まだ幼かった私に母が、ソウルミュージックの魅力を伝えようと、何度も教えてくれたのがアレサ・フランクリンでした。。私の魂に火を付けてくれた、その歌声を目の前で聴くことが夢でした。。ご冥福をお祈りします」

音楽ユニット「ORIGINAL LOVE(オリジナル・ラブ)」ボーカルの田島貴男さんも、  「アレサ・フランクリン。Respectの歌は聴くたびにかっこ良過ぎてシビれてしまう。他にもいっぱい最高の歌を、ソウルパワーをありがとう。安らかに」とコメントしたほか、彼女のアナログレコードを鑑賞した感想などもツイートした。

ロック・バンド「ソウル・フラワー・ユニオン」のボーカル中川敬さんもバンドのアカウントを通じて、  「俺が10代の頃、一番聴いた女性シンガーがアレサ。特にアトランティック期の最初の4作は、一日中聴いてる日があった、という程、入れ込んで聴いてた。本当に悲しい。安らかに」と投稿したほか、リツイートを除いて10件以上フランクリンさんに関する投稿をして、彼女への思いを語っていた。

そのほか、歌手の大黒摩季さん、作詞家の湯川れい子さんや松井五郎さんらが追悼のコメントを出した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00000009-jct-ent&p=2


アレサ・フランクリン(Aretha Franklin[1]、1942年3月25日 - 2018年8月16日)は、アメリカ合衆国出身の女性ソウル歌手。

o0400022514249145853.jpg

ソウル・ミュージック歌手の中でも、サム・クックと共に一際ゴスペル・フィーリングの強い歌唱を持ち味としており、その圧倒的な歌声で、“クイーン・オブ・ソウル”あるいは“レディ・ソウル”の異名を持つ。

1960年代後半の作品群が特に有名で、オーティス・レディングと共にサザン・ソウルの隆盛に寄与した。

1987年、女性アーティストとして初めて『ロックの殿堂』入りを果たした。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第1位に選ばれている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第9位に選ばれている。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第2位。

アレサ・フランクリン - Wikipedia



13

ライブだと圧倒的パワーがあるから一気に観客を引きつける
小手先のテクニックはある程度真似できるがアレサぐらいの声量、パワーは真似しようとしても出来ない

客演を圧倒しちゃうからデュエットとか嫌がられるタイプ
ジョージマイケルはよく対抗したもんだよ


251

>>13
アレサがスタジオ入る前に、ジョージが余りの緊張感に周囲に当たり散らしてたって何かで読んだ




芸能・TV・エンタメ 音楽・声優 | △ Page Top

人気記事 - 1Day

カテゴリー別アーカイブ

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。