2ちゃんねるまとめ 芸能・TV・エンタメ - カナ速 [http://kanasoku.info/archives/cat_144314.html?page=3]

カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

■ スポンサーリンク
■ ヘッドライン
 

人気記事 - 7Days

最新記事

芸能・TV・エンタメ



20180717-00545415-shincho-000-1-view.jpg

1

ゲイタウンとして名高い東京・新宿2丁目――。7月11日、この街のとあるクラブで、元SMAPの稲垣吾郎(44)が撮影監督として名高いクリストファー・ドイル(66)からキスされたというのだ。

***

とはいっても、2人だけで店にいたわけではない。二階堂ふみ(23)やヴィジュアリストの手塚眞(56)の姿もあったという。

「手塚治虫(1928~1989)原作の映画『ばるぼら』の打ち上げですよ。『女性自身』(7月24、31日合併号)で報じていますが、6月末のクランクアップの挨拶で、稲垣さんが『あれ、おかしいな……』と言葉に詰まると涙を流したという、手塚治虫の息子・眞氏がメガホンを取るあの映画です。さすがに2丁目での打ち上げには、稲垣さんも『こんなところでやるのは初めて』と驚いていたそうです。ヒロインの二階堂さんは、上機嫌で踊っていたそうですよ」(映画関係者)

もっとも、打ち上げに新宿2丁目を選んだのは、吾郎ちゃんにゲイ疑惑があるからというわけではない。「ばるぼら」の原作では、異常性欲者の悩みを抱える耽美派作家の「美倉洋介(稲垣)」と、アルコール依存症で自由気ままな「ばるぼら(二階堂)」が出会うのが、新宿駅なのだ。

「美倉はばるぼらと一緒に暮らし始め、作家として成功します。しかし、彼女の自由気ままぶりが許せず家から追い出すと、作品も書けなくなってしまう。ばるぼらは、実は芸術の女神の化身だったというもの。クライマックスも壮絶で、手塚作品には珍しいモノ。あまりメジャーな作品ではありませんが、手塚ファンとして有名な立川談志さん(1936~2011)も、好きな作品には必ず『ばるぼら』を挙げたほどで、ファンには評価も高い。この連載が『ビッグコミック』でスタートしたのは1973年7月なんですが、翌8月に手塚さんが社長をしていた出版社の虫プロ商事が倒産し、同年11月にはアニメ会社の虫プロダクションも4億円もの負債を抱えて倒産。手塚さんは自宅も失って、どん底にいた時期になります。それでも、執念で復活の道を探り始めた記念碑的な作品でもあるんです」(芸能記者)

クリストファー・ドイル
download.jpg

2

>>1続き

それは稲垣にも当てはまる。

「一昨年(2016年)年末にSMAPが解散して以来、元SMAPには新たな仕事といったものはほとんどなくなった。さらに昨年(17年)9月にジャニーズ事務所を退所してからは、AbemaTVの生放送や、元SMAP3人のオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』が話題になったぐらいで、大きな仕事は入ってきませんでした。どん底を味わいましたが、ここへ来て稲垣は、2019年公開予定の映画では『ばるぼら』、阪本順治監督(59)の『半世界』、さらに大林宣彦監督(80)の『海辺の映画館―キネマの玉手箱』と、それぞれの主役が決まっています。舞台の仕事も入っている。ようやく役者として復活の目が出てきたのです。クランクアップの時の涙はホッとした気持ちの表れでしょうし、2丁目の打ち上げでは『2年間、お騒がせしました』とも言っていたそうですよ」(同・芸能記者)

もちろん、ジャニーズ事務所を抜けた身であるから、「ばるぼら」にも少なからず影響が予想される。

「国内では、配給会社がジャニーズに忖度して、扱われないかもしれない。実際、『クソ野郎と美しき世界』もスクリーンにかけた劇場は限られましたからね。そこで編集は海外で行い、海外で先に公開、外国映画として日本に持ってくるという計画が浮上しています」(前出・映画関係者)

そもそもこの作品のオファーは、まだ彼がジャニーズにいた頃に来たともいわれる。しかし、SMAP解散騒動の最中であったために、SMAP担当の飯島三智女史(60:現在は元SMAPの所属事務所代表)も『ご迷惑をおかけしてしまうことになるかもしれない』と、受けるに当たってかなり逡巡したという。

その結果、手塚治虫と稲垣吾郎の“どん底”だった時期がリンクすることに。それを手塚治虫の長男が監督するのであるから、話題になることは必定。ようやく撮り終えた開放感から、男性とキスぐらいするのかも! 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180717-00545415-shincho-ent

3

アッー!


4

ヒロクンは・・・?


5

浮気かなw




芸能・TV・エンタメ | △ Page Top

|

人気記事 - 1Day

カテゴリー別アーカイブ

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。