1 断崖式ニードロップ(家):2013/10/03(木) 10:36:33.10 ID:e8GFGfXl0
Ja_da_ya.png

普段の会話で何気なく使った言葉が実は方言で、周りの人に「?」という顔をされてしまった、という経験はありませんか?
かくいう私も、「風呂をわかす」といったら友人に「初めて聞いた」と言われたことがあります。
今回はそんな方言の中でも、とりわけ想像がつきにくいと思われる言葉を選んでご紹介します!

■岩手県「じぇじぇ」

言わずと知れた連続テレビ小説『あまちゃん』で有名になった方言ですが、「『じぇじぇ』の意味が、いまだによくわかりません。」(27歳/女性)という人が多数。
調べてみると「じぇ(もしくは「じゃ」)」が基本で、3回程度までの繰り返しで驚きを表す表現だそうです。
能年さんが「じぇじぇ」とビックリしている演技と合わせて覚えたら1発ですね。

■愛知県「トキントキン」

かわいい響きとはうらはらに、全く予想外の意味だったのがこの「トキントキン」。
本来は鋭くとがらせたもの(こと)をいうらしいのですが、
愛知出身の編集部スタッフの話では、なぜか鉛筆に用いることがほとんどで、
「テスト前には、鉛筆をトキントキンにしておけよ」というように使うそう。

愛知出身のみなさん、いかがですか?

■関西地方「にぬき」

荷抜き? 二抜き?
いえいえ「煮抜き」と書くそうで意味は「ゆでたまご」のこと。

固ゆでのゆで卵を指すという意見もありましたが、
大阪出身者の話では「年配の人が使っている言葉で、昔は半熟にする発想がないので『にぬき』は全部固ゆでだったから」だそう。

確かにおばあちゃんが作ってくれた、ゆで卵はかっちこちでした......。
ほかにも「みぬき」「めぬき」などバリエーションがあるらしく、関西地方でも地域によって微妙に差があるようです。
しかし、どれを言われても、ゆで卵に結びつきません!

続きます
http://news.nicovideo.jp/watch/nw787912


【何気なく使ったら実は方言だった言葉】の続きを読む