カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

■ スポンサーリンク
■ ヘッドライン
 

人気記事 - 7Days

最新記事


1 muffin ★:2018/02/18(日) 10:19:08.36 ID:CAP_USER9.net
タレントで女優のイモトアヤコ(32)が南極大陸最高峰のヴィンソン・マシフ登頂に挑戦した。18日放送の日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!南極3時間スペシャル」(日曜後7・00)で人気企画「イッテQ登山部」最新プロジェクトの模様を届ける。過去にマッターホルン、マナスル、マッキンリー、アイガーなどの登頂に成功した「登山部」がついに“世界最果ての地”へ。
ロケ中のイモトとの掛け合いが視聴者に評判の石崎史郎ディレクターが、登山部の絆と番組への思いを語った。

人類が文明を築けなかった大陸「南極」。大地は氷で覆われ、その厚さはおよそ1~2キロにも及ぶ。イモトら登山部はベースキャンプで過ごしてから、今回挑むヴィンソン・マシフを目指した。
標高4892メートルの頂を誇る世界屈指の名峰だが、悪天候時は体感温度マイナス50度、風速40~50メートルのブリザードが吹き荒れる。セブンサミッツ(7大陸最高峰)の中でも一二を争う過酷な環境下でのアタックとなった。

――南極プロジェクトの行程を教えてください。
石崎氏「昨年の12月13日に日本を出発し、米国、チリ経由で南極に入りました。人数構成は12名です。イモトと貫田宗男さん、ドクター、私を含めた制作、技術、ガイド、音声です。ヴィンソン・マシフには専門ガイドが帯同しなければならなかったので、現地では専門ガイドがチームに加わりました」

――南極にたどり着いたときの感想はいかがでしたか?
石崎氏「まず、飛行機の中から南極大陸の景色を見た時に“怖さ”を感じました。命の形跡がないといいますか、雪に覆われていて足跡一つないですし、樹木も生えてないので。飛行機から降りて感じたのは、“無機質な怖さ”でした。空気が凄く澄んでいて風以外の音がない。番組ロケでさまざまな場所に行きましたが、あの感覚は初めてでしたね。イモトは“何もないなあ。飽きるわ…”と言っていましたが(笑い)」

――番組で様々な企画にチャレンジするイモトアヤコさんはどのような方ですか?
石崎氏「人間らしい女性です。“強くて根性がある”というイメージがあると思いますが、実は普通の女の子っぽいところがたくさんあります。特に登山部企画は頑張って笑いをとる必要がないですし、朝も夜も四六時中同じチームでいますので、格好をつける人がいません。イモトも強がりのようなことも言いますし、愚痴も弱音も吐きます。素の部分といいますか、人間らしさをさらけ出してくれています。皆がそれぞれのいいところと悪いところを見ていますので、登山部メンバーは仕事を超えた信頼関係を築けていると思っています」

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/18/kiji/20180217s00041000472000c.html

download.jpg

2 muffin ★:2018/02/18(日) 10:19:40.48 ID:CAP_USER9.net
>>1続き

――“ロケVTR中のイモトさんと石崎氏のやりとりが面白い”と視聴者に好評です。
石崎氏「本当に恐縮です。現場では狙っているわけではなく、普段交わしている会話をオンエアしているようなもので、あまり褒められたものではないのですが(笑い)。
演者さんであるイモトと、どうしようもないようなことを言い合える関係が築けているのはありがたいことだと思います。
イモト自身も僕がディレクターのときには、良い意味で“わがまま”になるといいますか、素の部分を出してくれますね。他のディレクターでしたら“安室奈美恵さんのコンサートがあるから日本に帰りたい!”とは言わないかもしれませんね(笑い)」

――「登山部」や「珍獣ハンター」ロケでは石崎氏がイモトさんを時に温かく、時に叱咤する場面が見られます。
石崎氏「ハプニングが起きてどうしようもないときには、イモトに“辛い気持ち分かるよ”という言葉を掛けます。
逆に“スタッフみんなが苦しい思いをして頑張っているのに、なんでお前だけ弱音言ってるんだよ”という場面では少し怒ります。
私は現場責任者のような立場ですので、登山部を代表して締めるところは締める、励ます時は励ますようにしています。イモトも私やスタッフに対してイラッとするときがあると思いますが(笑い)」

――今回の南極チャレンジでは登山部史上最大の試練に直面します。試練や難題と向き合ったときのイモトさんの強さを教えてください。
石崎氏「“よし!登ろう”とチャレンジする姿勢ですね。番組的にはギブアップでも成立しますが、チームの中で一番登らないといけないという気持ちを持っているのがイモトですね。
応援してくれる人、番組を楽しみにしてくださっている視聴者に対する責任感が人一倍強い。芯が強くて、やると決めたら絶対にチャレンジしたいという人ですね。たまにその使命感をイモト自身が忘れちゃうのですが(笑い)」

――最後に南極プロジェクトの見どころと視聴者へのメッセージをお願いします。
石崎氏「南極に行くのがイモトと『イッテQ』に関わる人たちの夢でした。凄く行きたかった場所。ようやく実現しました。
南極点や山がそびえ立つ内陸地など、めったに見られない景色が見られます。“南極ってこんな感じなんだ”と楽しんでいただけたら幸いです」

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/18/jpeg/20180216s00041000563000p_view.jpg


6 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 10:23:27.34 ID:f5RgiUez0.net
ツアーを組めば誰でも登れるから、山としての難易度は高くないだろ。
あのヘッポコ栗城でさえ登ってたし。


100 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 14:51:18.30 ID:i+OSThtq0.net
>>6
南極最高峰に栗城が登ったのか?


104 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 15:27:36.02 ID:uDPE4R0v0.net
>>100
ビンソンは金が滅茶苦茶かかるだけで資金面クリアできれば本当に誰でも登れるレベル
必要な金が半端でないのと登っても面白くもなんともないので7サミッツとかのスタンプラリー狙い以外のやつは避ける


110 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 16:27:42.20 ID:wUO4A2ag0.net
>>104
Wikipedia見るとチリからでも一人3万ドルか
高いね



スポンサーリンク
Pickup!

7 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 10:23:45.13 ID:E3gRSxYL0.net
昨日 タイムボカンでイモトアヤコ あからさまな番組宣伝だったわw
もう誰でもいいのね


97 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 14:46:43.61 ID:LnWeSOvrO.net
>>7
世界の偉人伝みたいなアニメだよね? イモトが偉人として出たの!?


9 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 10:24:12.20 ID:effVyCb30.net
あまりにも早い段階ですごい山に登りすぎて南極か、簡単そう
とか思ってしまう


10 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 10:24:20.98 ID:5acynMU10.net
登山が嫌いなのに世界の名だたる山をギャラ貰って登れるんだから
山師達はさぞうらやましいと思ってるんだろうな


11 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 10:24:39.81 ID:mVZOdcgI0.net
もう登山は潮時じゃない?


12 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 10:24:51.80 ID:x8zBcxB+0.net
いつか事故りそうで心配


16 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 10:26:49.09 ID:VjeBuNRe0.net
おい、エベレストはどうしたイモト?
厳冬期のエベレスト単独無酸素で登るって約束したよな?


27 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 10:37:58.57 ID:ATsxUBrs0.net
>>16
ビンソンマシフに行ったってことは、この夏にエルブルース、冬(日本の)にアコンカグアリベンジ
そしで通常枠でオーストリアでお茶を濁して
再来年の夏にエベレスト予定してるんじゃ?


69 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 12:28:32.75 ID:MHqse2Vc0.net
>>16
> 厳冬期のエベレスト単独無酸素で登るって約束したよな?
それは某有名下山家ではないかな。


22 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 10:35:51.99 ID:R2YThlU00.net
エベレストってまだ登れないの?
エベレスト登って終わりにして開放してあげたらいいのに


23 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 10:36:09.91 ID:JSSnR/970.net
登山つまらないから、出川イングリッシュ、お祭り男やれよ


24 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 10:36:10.30 ID:hHEj93oz0.net
登山って見てて何が面白いのかな、まぁ二時間スペシャルでやる位だから人気があるんだろうけど。


25 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 10:37:11.30 ID:fbh9JmoJ0.net
死ぬまでのぼらされるのかな


29 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 10:39:04.45 ID:1Hw376Dq0.net
向いてる人っているんだなw
気違いレベルで凄いわ。


35 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 10:51:08.19 ID:QTgj3/Tw0.net
イモトスゲーのやるんだ、今日はまったりしないで筑波山登るべきだった()


38 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 11:00:43.06 ID:0sK03jvn0.net
登山家に嫉妬されて大変なんだな


43 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 11:03:52.99 ID:EQTttOSs0.net
今回イモトの生死が気になるわ。


54 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 11:25:24.35 ID:TtwqodqZO.net
イモトよりディレクターの方が凄いだろ


55 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 11:32:21.01 ID:3eAyfZxx0.net
オリンピックにぶつけるなんてもったいない


58 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 11:46:58.32 ID:wSEhzvKH0.net
こういうのは見るとイモトが嫌になるから見ない


63 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 11:56:27.60 ID:A9bLoESF0.net
カメラマンとかカメラ持って登ったりしてるんだよね
凄くね?


68 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 12:20:51.72 ID:zU0sUl4I0.net
>>63
カメラは、普通のテレビ局のカメラマンつれていっているのではなくて、本当の登山家に頼んでるんです。

だから、モンブランや、マッターホルンプロジェクトの時も、イモト以外の番組関係者はアタックの時は同行してない。

でも、それでは駄目だと、番組ディレクターの石崎Dが必死で最近はアタックのときもついていってる。


71 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 12:40:18.82 ID:xtj4yKBd0.net
>>68
石崎は案外高所に強いらしい
クライミング要素のあるマッターホルンやアイガーは体型からして無理だったけどw


64 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 12:05:17.64 ID:a0HF4b4s0.net
チョモランマに再挑戦してほしいな


74 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 12:41:48.20 ID:8qV+CHhh0.net
もはや冒険家だね。すげぇわ。
でも、芸人としての賞味期限は既に切れてると思うけど。


78 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 12:42:18.82 ID:ArecwMYT0.net
いつまでやるの?
大事故が起きるまでやらせますが本音だろうね


84 名無しさん@恐縮です:2018/02/18(日) 12:49:53.28 ID:RDyOBpMB0.net
イモトが一番すげぇ女芸人





オススメ記事
注目の記事

最近の関連記事

カテゴリ「芸能・TV・エンタメ」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事
この記事へのリンク用タグ
<a href="http://kanasoku.info/articles/106061.html" target="_blank">イモトアヤコ「イッテQ」ついに南極最高峰に挑戦!</a>
コメント
  • 1: 2018/02/18 21:58:52
    >ツアーを組めば誰でも登れる
    すげえやつがいるなw
  • 2: 2018/02/18 22:25:34
    嫉妬に狂ってる奴が多くて草
  • 3: 2018/02/18 22:47:18
    逝ってQの所為でDASH潰されてムカつくんじゃ
  • 4: 2018/02/18 23:11:11
    栗城が登れる事を理由に雑魚呼ばわりしているバカがいると聞いて。
  • 5: 2018/02/18 23:29:57
    テケリ、リ
この記事にコメントする
コメントする
名前
コメント

 以下の内容含むコメントはアクセス禁止対象とさせて頂きます。
 ・公序良俗に反する事項、個人情報、中傷誹謗、スパム行為
 ・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列
最近記事 | コメント(5) | 芸能・TV・エンタメ | △ Page Top

人気記事 - 1Day

カテゴリー別アーカイブ

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。