カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧
注目の記事
1 それなり◆SqzYrw7bo13o:2018/02/25(日)21:07:17 ID:3SX
飼い主のハビエル・メルカドさん(16)によると、水曜日の昼間レックスと一緒に家で留守番をしていた時、音がしたので窓から外を除くと、知らない車が目に入った。その後、1階の窓ガラスが割られた。

レックスは下の階へ降りて、吠え始めた。強盗の1人が「犬に噛まれた、引き離してくれ!」と叫んだ。
強盗らはレックスと格闘し始めた。その後レックスは2階にいた飼い主のもとに戻った。飼い主の少年はタンスの中に隠れ、警察に通報した。
少年が隠れていた部屋まで強盗が来た時、レックスは再び強盗に襲いかかった。
強盗はレックスに向かって4発発砲し、レックスはもう強盗と戦うことができなかった。

強盗は警察のサイレンに驚いて逃走。強盗は捕まっていない。

少年はタンスの中に約1時間隠れていた。レックスは死んでしまったと確信していたという。

だがレックスは生きていた。首と足にけがを負っていたレックスは病院に搬送された。

スプートニク日本
https://jp.sputniknews.com/life/201802254613974/




2 名無しさん@おーぷん:2018/02/25(日)21:28:22 ID:78I
ライフル協会「犬が銃を持っていれば防げた筈」


4 名無しさん@おーぷん:2018/02/25(日)21:44:09 ID:1Wk
助かって安心した



Pickup!

5 名無しさん@おーぷん:2018/02/25(日)22:00:24 ID:to9
すごいや!
チラノザウルスはまだ生きていたんだ


6 名無しさん@おーぷん:2018/02/25(日)22:02:39 ID:VVH
合掌(;_;)


8 名無しさん@おーぷん:2018/02/25(日)22:40:28 ID:AIo
32口径を連射できる
ロボット犬が必要。
これだな。

ECZPdtk.jpg

9 名無しさん@おーぷん:2018/02/25(日)22:43:27 ID:EEY
いかにも翻訳な言い回しだなw


10 名無しさん@おーぷん:2018/02/25(日)23:15:12 ID:ozt
スプートニクはロシアの通信社だが、世界中の奇妙な事件をよく見つけている。
ロシアのスパイ工作員の類じゃね。


11 名無しさん@おーぷん:2018/02/26(月)02:33:20 ID:6Sl
>>10
冷戦構造の崩壊で、本職で失職したスパイ達が、偽装としてやってた現地特派員としてそのまま残ったとかじゃねえの?


12 名無しさん@おーぷん:2018/02/26(月)05:47:58 ID:pBn
映画化決定だな


13 名無しさん@おーぷん:2018/02/26(月)09:32:59 ID:P3o
凄い名前だな
無理やりそれっぽい日本語にするとザビエル市川って感じか


17 名無しさん@おーぷん:2018/02/26(月)10:30:28 ID:UjU
これは犬派のポジティブキャンペーン


18 名無しさん@おーぷん:2018/02/26(月)10:53:51 ID:ACf
>>17
語尾にニャが付いてないわん
やり直しわん


14 名無しさん@おーぷん:2018/02/26(月)09:38:38 ID:ACf
さすが犬ですわん


16 名無しさん@おーぷん:2018/02/26(月)09:54:09 ID:N9m
>>1
いい話だ。
おそらく手術費用は寄付で賄えると思う。


7 名無しさん@おーぷん:2018/02/25(日)22:11:21 ID:IrP
流石は犬だ
ちゃんと育てればやっぱり強いな。
大仕事したんだから、この先はゆったりさせてやろうな。





4 コメント
  • 1: 2018/02/26 14:13:51
    犬が銃を持っていたら、というレスを見て、
    まずポチじゃなくてバウワウ砲とバズーカドーベルが出てくるあたり、
    プロテクターを破壊されまくった恨みは強いらしい
  • 2: 2018/02/26 14:33:11
    全国の自宅警備員もこのイヌを見習うんやぞ
  • 3: 2018/02/26 15:56:15
    【アメリカ万歳】米国、銃が持ち主の少年を強盗から守った結果・・・
  • 4: 2018/02/26 16:42:24
    腹いっぱいサソリ食わせてやれ
コメントする
名前
コメント

オススメ記事
最近の関連記事

カテゴリ「国際・海外」の最新記事

カテゴリ「事件・事故・戦争」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。