カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧



download.jpg

1

2018-11-21
https://grapee.jp/593701

毎週月~金曜日 朝7:37から『飯田浩司のOK!Cozy up!』内にて放送している『鈴木杏樹のいってらっしゃい』。
鈴木杏樹さんが毎週異なるテーマの楽しい話題で『いってらっしゃい』とあなたを見送ります。

漆は、ウルシの木の樹液の分泌が活発になる6月頃、木の表面に傷をつけて、そこからにじみ出た樹液を採ります。この作業は10月頃まで続けられます。

樹液を採るのに使われるのは、樹齢10年から15年の木で、樹液を採ってしまうと枯れてしまうので、その年に伐採してしまうそうです。
その後は切り株から出た芽を育てて、新たにウルシの木として成長させて行くそうです。

漆は精製や加工をした後、主に塗料として使われますが、塗った後の漆の乾かし方が、とても大変です。
何故なら漆の場合、他の塗料のように天日干ししても乾かないからです。
漆が乾いて固まるには、適度な温度と湿度が必要です。温度が20℃~30℃、湿度が75%~85%が最も適していると言われています。

そのため『漆風呂』と呼ばれる、乾燥用の器具を使って、“漆が乾燥して固まる条件”というものを作っているそうです。

漆は“ピアノの色が黒い”ことにも関係しているそうです。ピアノはヨーロッパで誕生しましたが、ボディーの色は木目調でした。
幕末の頃、日本にもピアノが伝わって来ましたが、日本の場合、ヨーロッパと比べると湿気が多いことから、木目調のものは適さないのでは…と、ピアノを漆で黒く塗ったのではないか? と考えられています。

またヨーロッパにも漆の素晴らしさが伝わって、その美しさからピアノを漆で黒く塗るようになったそうです。
こうした経緯もあって、現在もピアノの色は黒いそうです。


2

松崎しげるが黒い理由は?


203

>>2




スポンサーリンク
Pickup!

7

ポストが赤いのもピアノが黒いのもみんな日本が悪いのさ


12

流石にこれはない。そもそも漆も日本じゃないだろ


36

>>12
漆器=ジャパン
中国と日本の漆は違う
中国の漆は長持ちしない


19

へぇ~(´・ω・`)


21

ひょっとしてストラディバリウスも漆塗でもっとよい音に


125

>>21
木を鳴らす楽器に漆は重すぎるでしょ


28

>>21
バイオリンやチェロとかも塗らないとオカシイよね。
漆塗りのギターとかもあまり見かけない。


45

>>21
ヴィンテージギターにストラディバリウス技法のニス塗りをすればいいんですね?


140

>>45
ニスの塗り方以上に用いられる木材が古いから


23

漆で塗られたピアノでかぶれたりしないの?


62

>>23
西洋かぶれ


25

縄文人より前から使ってる可能性もあるな
土器に塗ってたし


26

初期の車もジャパニーズブラックという色だったんだよな


30

黒檀使えばいいのに


32

へぇ~ へぇ~ へぇ~


33

たぶん、起源はYAMAHA


48

さすがブラック企業発祥の国ですな




オススメ記事
注目の記事

最近の関連記事

カテゴリ「音楽・声優」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事
この記事へのリンク用タグ
<a href="http://kanasoku.info/articles/114398.html" target="_blank">【トリビア】ピアノが黒く塗られている理由wwwww</a>
コメント
  • 1: 2018/11/21 13:24:46
    何言っているのかピンと来ない
  • 2: 2018/11/21 13:35:38
    ピアノの表面を全部漆で塗ってるということは相当高価なんだろうね
    最近の一般的に売られてるのは合成塗料かな
  • 3: 2018/11/21 13:59:12
    日本なわけないだろバカか韓国じゃあるまいしみっともない
  • 4: 2018/11/21 14:20:18
    恥ずかしいからホルホルやめて
  • 5: 2018/11/21 14:29:40
    ※3
    黒塗りピアノの元祖は日本だぞ
    元々、ヨーロッパではピアノは職人芸的な工芸で、木目を生かすために天板ですら目を合わせてつくる高価なもんだった
    それを後発の日本のメーカーが漆塗りで湿気に強いもんを作ろうとしたときに「どうせ塗るなら別に木目を合わせなくていいじゃん」となり、塗料も高価な漆から塗料になってどんどんコストダウンしてった
    ヨーロッパでも鋼鉄製フレームが発明されて、工芸品から工業製品に移行してった時期だったので、「お!?頭いいじゃん!」ってんで、黒塗装に移行してったのは事実
    ただし、ヨーロッパには古い木目調ピアノも現存してて、「黒塗りは味気ない」って声もある
    功罪相半ばするのが、日本がはじめた黒塗りだったりするw
  • 6: 2018/11/21 14:31:10
    >ひょっとしてストラディバリウスも漆塗でもっとよい音に
    それもう大正~昭和初期に試されてるよ。結果は固すぎて音色が良くない。
    そもそも鈴木バイオリンの社長が漆器の専門家だったし
  • 7: 2018/11/21 14:57:02
    ※5
    全然違うよ。
    漆塗りの高級家具(japaned)は18世紀から中国・日本からヨーロッパに輸出されていて、ピアノを漆塗りにしたのもヨーロッパ人にとって高級感を演出する自然な方法だったんだよ。
    漆が生育しないヨーロッパでラッカーが開発されたのもそういう経緯による。
    あと、木目調のピアノはアップライトに多くて日本のおうちにも普通に置いてるよ。
  • 8: 2018/11/21 15:06:03
    木目の方が趣深いっていうのは現代人の感覚で、漆も自生せず数千年にわたって木目しか知らなかったヨーロッパ人にとっては顔が映るような黒一色の方が感動的だったんだよ。
    車だってフォードモデルTが黒なのもそういう理由だし、今でもVIP用の高級車が黒塗りなのもその名残りだ。
  • 9: 2018/11/21 15:13:43
    そういえばアンティークピアノは木目だよな
    あの黒塗りの光沢は漆でしかあり得ないのに、確かにそうだと意識したことなかったな
  • 10: 2018/11/21 15:26:42
    世界ふしぎ発見の「出島」回でもこれやってた記憶

    オランダが日本の漆器を欧州にもってってー
    それがめっちゃ高価な芸術品として扱われてー
    ピアノもそれじゃ黒くするかってことになったとかなんとか
  • 11: 2018/11/21 15:54:44
    漆って黒以外の色もあるよな
  • 12: 2018/11/21 15:57:56
    長い読む気しない
    で?理由は?
  • 13: 2018/11/21 16:00:35
    木目の漆塗りだってあるよな
  • 14: 2018/11/21 16:37:03
    これ、業界じゃ有名な話だけど高級感を出すために、YAMAHAが黒く塗ったんだよ

    知らんけど
  • 15: 2018/11/21 16:55:09
    >>36また韓国みたいなこと言ってる
  • 16: 2018/11/21 17:06:21
    高級感を出すというか
    木目の汚い、安い材木で作るために真っ黒にしたんだけど
    何でみんな目の前の箱で調べる程度の事をしないでコメントするの?
  • 17: 2018/11/21 17:20:31
    ※7
    そうそう、18世紀以前はお前の言う通り
    ※5のミソは、日本で漆塗りってのはキッカケに過ぎなくて、そこから塗料を使ったコストダウンに用いたってことと、ヨーロッパでも鋼鉄製フレームが発明されて、工芸品から工業製品に移行してった時期だったってとこな
    工業製品になれば数を売らなきゃなんないし、鋼鉄製フレームになれば木製筐体を歪みなく作る必要もない
    さらに、黒塗り塗料にすれば、外板の目地も気にせずに、更にコストダウンできるって話
  • 18: 2018/11/21 17:42:25
    結局※5と※7と正解はどちらだよ。
    >>36
    ウルシオールの含有率は日本産の漆よりは少ないそうだが長持ちしないなんて事はないな。嘘だな。
  • 19: 2018/11/21 17:49:42
    元々西洋で高級感=黒という価値観はなかったんだと。むしろ不吉で忌み嫌われてた
    だからあちらの国の『豪華や高級』を体現する内装や家具やアクセサリー、美術品や服には黒色が使われてない
    でも日本から漆塗りに金箔を貼った美術品がオランダ経由で海を渡っていったことがきっかけで、ジャポニズムが流行ったこともあって黒=美しいという価値観が生まれたと聞いたことある
    ソースは提示できないけど、昔の西洋国家では高価な物のデザインに黒色が使われてないのはガチ
  • 20: 2018/11/21 18:02:57
    黒は漆以外にあるとはいうが
    黒漆の反射率はピカイチなんだよ
    そんじょそこらの黒とは訳が違う

    ピアノの黒と関係あるかは知らんがな
  • 21: 2018/11/21 22:07:50
    「木目」って表現がわるい
    「木目」って書いてあるから融通の利かない子が
    「ニスを塗っても木目が出るしオイルコートでもでるじゃんwww」って勘違いしちゃう
    ここで「木目」と言われているのはあくまで「何もコーティングしてない素のままの木の木目」

    日本の高温多湿に繊細な楽器が堪えられないから木目調から漆塗りにしたってだけ
  • 22: 2018/11/22 03:05:03
    The MyFonts Newsletter of Rising Stars (December ’06)
  • 23: 2018/11/22 03:44:58
    アメリカのアルバータで取れる天然アスファルトを使って作られたエナメル塗料も「ジャパニング」と呼ばれた、本当の漆ではなくて工業的に量産された当時の塗料

    ストラディバリのニスは剥げ落ちていて一流の演奏家が使っているようなものは数パーセントしか残っていない、博物館にあるようなものはもう少し残っている
    剥げ落ちているので後の時代の職人が保護用に黄色味のある「普通のニス」を上から塗ってある
    木材が古くなって黒ずんでいるので黄色のニスを塗ると黄金色に見える
    黄金期のストラディバリはステインでいくらか着色してあるように見える


    19世紀は黒いものが高級品やフォーマルなものとして流行した
    ヴァイオリンでもペグなどの部品に黒檀が珍重された
  • 24: 2018/11/23 09:36:29
    智联校园招聘_2019校园招聘最新信息_xiaoyuan.zhaopin.com_值得信赖的大学生招聘求职平台
この記事にコメントする
コメントする
名前
コメント

 以下の内容含むコメントはアクセス禁止対象とさせて頂きます。
 ・公序良俗に反する事項、個人情報、中傷誹謗、スパム行為
 ・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列
最近記事 | コメント(24) | 音楽・声優 | △ Page Top

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。