カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧


download.jpg

1

Googleほどの規模になると、ちょっとしたミスでも莫大な損害を計上してしまうようです。同社で研修に携わるインターン生のミスによって、本来は公開されないダミー広告が表示されてしまい、1,000万ドル(約11億円)の損失が発生したことが分かりました。

インターン生のミスに気付かず
12月3日の夜、ニュースサイトを運営するリシ・ジェティさんは目を疑いました。サイトの広告枠がただの黄色い画像で埋め尽くされていたのです。慌ててデータを確認すると、270ドルCPMという見たこともないような数値が表示されていました。
CPMとは1,000回あたりの広告コストのことを意味します。つまりジェティさんのサイトは広告が1,000回表示されるごとに270ドル(約30,500円)を稼ぎ出した計算になります。

一体何が起きたのか――犯人はGoogleでした。

Financial Timesに関係者が語ったところによると、Googleで電子システムの使い方を研修している際、インターン生の1人が誤って相場の10倍以上の価格で、実際の広告枠に“買い”を入れてしまったのだそうです。
1,000万円超を稼ぎ出した人物も
その結果起きたのは、Googleが気づくまでの45分間にわたって、アメリカとオースラリアのサイトやアプリに、黄色い300×250サイズのダミー広告がひたすら表示されるという悲劇でした。
市場の通常価格よりも大幅に高い価格で提示されていたので、黄色いダミー広告のために多くの企業がこぞって広告枠を売ったというわけです。先述したジェティさんは、CNNやForbesといった巨大メディアでも黄色いダミー広告が表示されているのを確認したそうです。

トラフィックの多いサイトほど45分間に得られた収益も多く、ニュースサイトAdAgeの取材に対し、とあるパブリッシャーは匿名で「10万ドルを超えた(1,100万円)」と鼻高々に話しています。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15708064/


9

インターンが11億損失出せるとかガチのスパイ送り込んだらガチで潰せるやんけ


11

これわざとやろ


15

研修で教えてる奴の責任やんけ



スポンサーリンク
Pickup!

17

でもGoogleにインターン行けるってことは相当優秀よな


23

googleの研修生ともなると日本の大企業の経営者より有能なんだろうな


25

ワチもグーグルにインターンいきたい


28

グーグルのインターンの映画あったな


30

つよい


31

一犯企業なら倒産やん


33

あれ嘘松じゃなかったんか…


34

普通テスト環境でやるよね


36

これはやっぱり上司の責任になるんかな?


37

yaraちゃんかわいそうやで


38

積水ハウスよりはマシやろ


43

何でテストアカにしなかったんや…


45

儲けたひとに返してもらえないの?


22

映画化して11億円以上の利益出せ




オススメ記事
注目の記事

最近の関連記事

カテゴリ「国際・海外」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事
この記事へのリンク用タグ
<a href="http://kanasoku.info/articles/114905.html" target="_blank">【驚愕】Google、研修生の入力ミスで11億円を失う その間たった45分!一体何が・・・</a>
コメント
  • 1: 2018/12/08 15:21:48
    よー知らんけど、googleにとって11億なんて俺らにとっての110円くらいだろ
    インターン生がコーヒーこぼした、それくらいの出来事にしかとらえてなさそう
  • 2: 2018/12/08 16:12:18
    ※1
    さすがにそこまで安くはないやろ
    コーヒーこぼして1万円の外付けハードディスク壊されたくらいの損失はあるんちゃう?
  • 3: 2018/12/08 17:49:24
    ※1
    10円で家が建つ世界ならそうなるな
この記事にコメントする
コメントする
名前
コメント

 以下の内容含むコメントはアクセス禁止対象とさせて頂きます。
 ・公序良俗に反する事項、個人情報、中傷誹謗、スパム行為
 ・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列
最近記事 | コメント(3) | 国際・海外 | △ Page Top

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。