カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧


download.jpg

1

多くの人が実感しているだろうが、日本にある書店の数は、この20年ほどで半数以下に減った。
かつては駅前や商店街に必ずといってよいほど存在していた「本屋さん」が、人々の生活空間から消えつつあるのだ。
なぜ、これほど書店がなくなっているのか。今後、書店という業態はわれわれの前から姿を消してしまうのだろうか。

まず、書店が大幅に減少している背景には、単に本が売れなくなっているという要因だけではなく、日本独特の出版産業の構造がある。

書店調査会社のアルメディアによると、1990年代の終わりに2万3000店ほどあった書店は、2018年には1万2026店にまで減少した。
さらに、この数字には売り場のない事務所や雑誌スタンドなども含まれているため、書籍をそれなりに販売している店舗としては、図書カードの端末機を設置している約8800店(日本図書普及の発表による)が実態に近い数字だと思われる。

■雑誌が支えてきた出版流通

欧米先進国と日本の書店の最大の違いは、日本の書店は雑誌を多く販売してきたという点である。
一般的に日本以外の国の書店は「書籍店(BookStore)」であり、雑誌はニューススタンドやドラッグストアなどで販売されてきた。
書店店頭に毎日新しい雑誌が次々に並ぶという風景は、日本にしかないのだ。

それは書店の収益構造の違いとしても表れる。書籍の販売で得る利益で経営を支えている欧米の書店と違い、日本の書店、特に中小規模の書店は、雑誌の販売で利益を上げてきた。

この構造は、出版の流通を担う「取次」によって実現されてきた。
日本には日本出版販売、トーハン、大阪屋栗田といった取次会社が存在し、これら総合取次と呼ばれる各社は、書籍と雑誌を両方流通させている。

年間7万タイトルの新商品(新刊)が発売され、代替性に乏しく、基本的に繰り返し購入のない書籍に比べて、大量生産が可能で、計画性のある雑誌のほうが効率がよいことは言うまでもない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181209-00253083-toyo-bus_all

2

取次とは、その効率がよい雑誌で日本全国の書店やコンビニエンスストアなどへの配送網を作り、そこに書籍を載せることで成り立ってきた仕組みなのである。
欧米で出版取次と呼ばれる業態(ホールセラー、ディストリビューター)は
書籍専業の流通業者であり、雑誌と書籍の流通を組み合わせた取次システムは、日本にしか存在しないと思われる。

このように、雑誌流通が書籍流通を支える内部補助の構造によって、日本では書店に毎日、1冊から書籍を届ける流通体制が維持され、さらに書籍の流通費用を低く抑えることで、書籍の価格が諸外国に比べて極めて安く設定されてきた。
ちなみに、書籍だけで成立させている先に挙げたアメリカやドイツでは、書籍の価格は日本に比べると1.5倍から2倍以上する感覚だ。

■雑誌市場縮小が書店と取次に打撃

かつて、日本の出版市場は「雑高書低」と呼ばれていた。雑誌の販売額が書籍を大きく上回っていたためだ。

出版業界の売り上げがピークを迎えた1996年には書籍の販売金額1兆931億円に対して、雑誌の販売金額は1兆5633億円と1.5倍ほどの規模だった。
効率のよい雑誌の売り上げが大きかった当時、出版業界の収益性は高く、それが書店の旺盛な出店の原動力にもなっていた。

しかし、その後、出版物の販売量は減少の一途をたどる。
特に、雑誌はその頃拡大し始めていたインターネットや、携帯端末の普及に伴って急激に市場が縮小。
2017年の雑誌の販売額は書籍の7152億円を下回り、6548億円と最盛期の3分の1ほどに縮小してしまった。

このことが、雑誌の収益に頼っていた中小書店の経営と、雑誌で巨大流通網を回してきた総合取次の経営を直撃した。

書店、とりわけ駅周辺や商店街にあった雑誌販売を中心とした従来型の「街の書店」が急速に姿を消した。
今年2月、個性的な品ぞろえなどで多くのメディアから注目されつつ閉店した幸福書房(東京・渋谷区)も、雑誌と書籍の売上比率が逆転したことが、経営に大きな打撃を与えたという。

大手総合取次も日本出版販売とトーハンという上位2社や一部専門取次を除き、業界3位だった大阪屋(2014年に債務超過が発覚し楽天などが出資)、4位の栗田出版販売(2015年に民事再生手続きを開始し、大阪屋と経営統合)、5位の太洋社(2016年に自己破産)が次々と経営破綻するに至った。


3

店員が冷たいからだよ


202

>>3
店員を温めればいいじゃない


339

>>3
温めますか?


801

>>3
客と店員が仲良くなって本の話してたら仕事にならないし
だいいち盛り上がって本屋がうるさかったら、他の客に迷惑だし
そういう販売状況もあるから仕方ない



スポンサーリンク
Pickup!

4

雑誌の収益によって成立してきた取次システムと書店経営は、どだい書籍の収益で支えることはできない構造になっている。

総合取次各社は、書籍の販売比率が雑誌を超えると、ほぼ一様に出版流通事業が赤字に転落している。

経営統合で大阪屋栗田となる以前の大阪屋は、2000年代、アマゾンジャパンやジュンク堂書店との取引によって書籍売り上げが増加し、総合取次各社の中で唯一、総売上高も増収で推移した。
それにもかかわらず、この間利益は減少を続け、結局、事実上の経営破綻に追い込まれた。

最大手の日本出版販売と2位のトーハンも、ここ数年で出版流通事業が赤字に転落したことを発表しており、日販の平林彰社長は、自身が入社した30年以上前から書籍部門は赤字だったことを明らかにしている。

■再生のヒントはアメリカの独立系書店

書店も書籍だけで経営を維持することは不可能だ。大手取次各社が発表している取引先書店の経営指標に基づき、1坪あたりの在庫金額(雑誌を含む)や商品回転率、そして書店マージンを業界で一般的な22%として試算してみると、1坪あたりの年間粗利益額は23万7600円。仮に100坪の書店を営業すると、粗利益額は2376万円になる。

支出をみると、家賃を安く見積もって月坪1万円と設定すると1万円×100坪×12カ月で1200万円。
アルバイトを5人、時給1000円で雇い毎日8時間働いてもらうとすると1年間の人件費は8時間×1000円×5人×365日=1460万円。
つまり家賃と人件費で2600万円以上かかり、先の粗利益2376万円から経費2660万円を引くと、経営者の人件費や光熱費を引かない段階でマイナス284万円で赤字になる計算だ。

このままの取引構造では、日本では書籍をベースにした取次や書店は存在しえないのである。

では、書店という業態が、世の中から必要とされなくなっているのだろうか。実はアメリカでは、2009年以来、独立系と呼ばれる小規模書店の数が毎年増加している。
そうした書店は書店員たちが独自の品ぞろえをし、カフェを備え、地域向けイベントに力を入れるなど、ネットでは味わえないような人々とのつながりを大切にしている。

ただ、日本と違ってアメリカでいまも独立系書店が開業し、成長するのを可能にしている最大の要因は、書籍の価格と粗利益率の高さにある。


5

一例を挙げると、ニューヨーク市のブルックリン地区で2010年に50坪で開店した書店「グリーンライト・ブックストア」は、カフェや雑貨などはほとんどなく、ほぼ書籍の販売だけで営業しているが、開業以来成長を続け、2016年に同じブルックリンに2店舗目を開店した。

同店では客単価が28ドルと日本の2~3倍、粗利益率は40~50%とこちらもほぼ2倍で、経営者の話から計算すると年間の売上高は約2億円、粗利益額は約1億円に達する。

日本の書店の粗利益率は20~25%程度なので、1億円の粗利を稼ぐとしたら年商5億円必要だが、書籍の平均価格1200円程度、商品回転率が年間2回転以下という日本で50坪の書店がこの売上金額をあげることは考えられない。

このように、アメリカの書店はもともと雑誌を扱っていなかったため、書籍だけで経営が成り立つ収益構造がある。
このおかげで、アマゾンとの競争で大手書店が店舗を減らす中で、小規模な書店が新たに開業し、成長できるのである。

日本で、直ちにアメリカと同じ価格と利益の水準にすることは難しい。
しかし、いくつか現実に粗利改善を果たしているケースはある。

ひとつはアマゾンジャパンだ。2017年に取次へのバックオーダー(取次非在庫品の発注)を取りやめるなど、同社は出版社との直接取引を拡大しているが、公表されている直接取引(e託販売)の条件は出版社の卸値率60%で、アマゾンの取り分は40%だ。

日本を代表する大手書店の紀伊國屋書店も、このところ一部出版社との間で「買い切り・直仕入れ」という新しい仕入れを拡大しているが、こちらも書店の取り分が40%というケースが報告されている。

■配本制度の抜本的な見直しを

両社に共通しているのは「返品しない」ことだ。逆に言えば、返品をしなければ、直接取引で書店粗利40%を提供できる出版社はあるということでもある。

いま、日本の書籍返品率は30%台後半で推移している。返品率がこれほど高水準にあるのは、多くの出版物を書店の注文に基づかずに送る「配本制度」があるからだ。
この仕組みを根本的に見直し、返品率を大幅に引き下げることができれば、日本でも人々を引きつける魅力を備えた書店なら、まだまだ開店・営業していくことが可能になる。

日本の書店が書籍の取引条件を改善し、これからの時代に対応した新業態に生まれ変われば、書店という業態自体はまだ十分に人々から求められる商売だといえるだろう。


6

>>1
本の取り寄せがamazonよりも掛かる本屋に存在意義はない。以上。


176

>>6
本屋で注文すると似たような本を置くようになるから、自分好みの本屋ができる・・・かもしれないし、そうでないかもしれない


549

>>176
それをさせない取次がいるから日本じゃ厳しい
日本の本屋は必ず好きな本を並べられるわけじゃない
それができるのは古本屋だけ


918

>>6
①まず本屋を探す
②欲しい本を探す
③ない時店員に聞く
④書名や版元まで言わねばならない
⑤版元か取次ぎにあるかどうかの問い合わせ待ち
⑥注文しても来るまでに数日かかると言われる

どう考えてもネットの方が手っ取り早い


942

>>918
検索から注文までブラウザで済むからな。絶対リアル店舗は勝てないよね


11

ぽつりぽつりとしか売れない
売れても利幅が薄い
大抵は一定の期間がすぎると返本できない
立ち読みで商品を傷物にされるどころか、金を払わずに持っていかれることもある
商品がやたらに重く腰をやられる

やってられませんわ


13

書店員の本田さんに出てる人達の声で


14

いらないよ無駄な金は使わない


16

まぁ定番はお洒落なカフェ併設、こ洒落た文具も販売してる大型店が繁盛してるしな


17

売上減っても万引きは減らなかったからなぁ


20

コンビニでも雑誌販売コーナーが削減されてるよね


21

出版業界の衰退とインターネットの普及は大いに関係してると思う


23

出版社の社員は高給
見合った仕事はしているのだろうが


24

何もかも萎んでいく


26

電車で雑誌読んでる人を見なくなった。
殆どスマホ。


37

>>26
雑誌は、荷物になるし邪魔だからねえ


28

収入が少ない人が多いから


29

高いからだろ
半額でいいわ
そしたら爆発的に売れるよ


32

スマホを持つようになってから雑誌を買わなくなった
前は週間文春とか新潮とか買ってた


39

少子化
人口減少


48

数年前に近所にあった2軒の本屋が相次いで閉店したが、特に困ったことはなかったな


62

本当に書店がキレイに消えたなあ




オススメ記事
注目の記事

最近の関連記事

カテゴリ「日常・生活・マナー」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事
この記事へのリンク用タグ
<a href="http://kanasoku.info/articles/114961.html" target="_blank">日本の書店がどんどん潰れていく本当の理由</a>
コメント
  • 1: 2018/12/10 12:36:34
    面白く無い本が多すぎるからだよ
  • 2: 2018/12/10 12:51:16
    商品が必要とされなくなった、それだけ
    書店の看板残して、本以外の物を真剣に売るか、看板ごと変えるかすれば良い
    なお、してるようだが片手間な為どっちつかずであったり、看板だけ変えて中身変わらずで意味なさないだけの模様
  • 3: 2018/12/10 13:10:19
    専門書とか辞書も買わなくなったな
    玉石混淆だけどほぼ国内外の検索で事足りるし
    外国語勉強しないとアカンけどな
  • 4: 2018/12/10 13:19:06
    >>1
    読書家が読みたがる良書は乱発できない
    ゴシップはまとめサイトに奪われつつある
    制度が変わらないまま不便
    Amazonのが便利

    などなど取り巻くマイナス要因が多すぎる
  • 5: 2018/12/10 13:42:16
    紙の本なんてあと百年すれば消滅するだろ 電子書籍でじゅうぶん
  • 6: 2018/12/10 13:48:29
    売れる本が売れている内はよかった
  • 7: 2018/12/10 14:13:34
    本屋に入ると?したくなるから
  • 8: 2018/12/10 14:22:22
    海外みたいに店員が選書した特化型じゃなきゃネットで良い
    特化型なら本の仕入れを限定できるから管理しやすくて店頭に揃えやすい
    書店の利点は目的のジャンルの本を一覧できてさらに中身を読めるところだから
    その2つを満たす書店は資本力のある都心の大型書店か特化型しかない
  • 9: 2018/12/10 14:30:56
    近所に無くなったし未だに地方入荷日()とかあるから雑誌は電子書籍で他はネット通販でしか買ってない
  • 10: 2018/12/10 14:40:45
    最高のナンパスポットだから書店は消えないでほしいな。
    ちなみにナンパは店内ではなく、出てからの話な。
  • 11: 2018/12/10 14:46:55
    毎月買ってる雑誌の取り置きサービスとかしてほしかったな

    特典付きの時に転売屋が買い占めたせいで数駅隣まで行って買いに行かなきゃいけなくなって、
    翌月からの対策法を考えてたら職場のやや近くの本屋でも取り扱ってる事を知って、
    それからは仕事帰りにそっちの本屋で買うようになった
    る事を知って
  • 12: 2018/12/10 15:25:22
    書店が無くなったことで売られる部数や種類が減ったんなら問題だけど、ツタヤみたいな大手や通販で問題なく買えてる以上単なる淘汰でしかない
    でかいところに個人が潰されるのは悲しいが自然の摂理として受け入れるしかない
  • 13: 2018/12/10 15:32:58
    本屋が潰れてるんじゃなくて雑誌屋が潰れてるってことか
  • 14: 2018/12/10 15:35:05
    時代が進めば成立しなくなる職種なんて本屋に限った事ではないだろうし淘汰されるのを甘んじて受け入れるしかないな
  • 15: 2018/12/10 16:31:14
    紙の本は必要だけど書店は本当にいらない
    欲しい本がない、注文すれば2週間待ちとかざら
    発売日から2日遅れが当たり前
    だったらネットで買いますよって話でしかない
  • 16: 2018/12/10 16:34:20
    場所取るから最近はKindleで済ませてる。
この記事にコメントする
コメントする
名前
コメント

 以下の内容含むコメントはアクセス禁止対象とさせて頂きます。
 ・公序良俗に反する事項、個人情報、中傷誹謗、スパム行為
 ・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列
最近記事 | コメント(16) | 日常・生活・マナー | △ Page Top

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。