カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧


download.jpg

1

明石家さんまが、25日放送の『踊る!さんま御殿!!クリスマススペシャル』(日本テレビ系)で、芸能人としての指針になった出来事を明かした。

写真撮影や握手、サインといった芸能人のファンサービスの話題になった際、さんまはそれらを「断った時期もあった」と告白。
だが、かつて「割り箸」の袋にサインしてほしいと、ある男性が来たときの話を披露。

さんまはそれに対し、「失礼な奴やな」と思いつつサインしたという。
すると20年後、サラリーマンになった彼が「あれ持ってます」と目の前に現れ、かつてさんまがサインした箸袋を見せてくれたのだという。

さんまはこの一件から「写真も撮ろう、サインもしようって(決めた)」と語り、「あの箸袋やねん」としみじみと振り返っていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15792743/


5

人生で2回もさんまに会うリーマン


128

>>5
大事に取ってあるんだから元々ファンなんだろ


155

>>5
さすがに2回目は狙ってて箸袋には持っていたのかなー


26

>>5
会うときは会うもんだよ



スポンサーリンク
Pickup!

6

サイン屋さんもニンマリのエピソード


8

へえ


11

転売屋がアップを始めました


59

>>11
需要と供給。
世の中にたくさんあるのならば、大した金にならない。


12

たいした話でもねーのにオーバー杉


14

ハワイの話は良かったな
あとファンの女性の1000円札の話な
そこら辺やっぱさんますごいと思う


15

>>1
いい話


17

箸袋はそのネタで十分もとは取っただろうしな
サインの話のたびにしてるし


21

流石さんま


23

さんまは明るく優しい芸人であって面白い事を喋って笑かす芸人ではない
豆な


85

>>23
場を明るく楽しそうにする才能は凄いよね


27

失礼なやつと思うかもしれんが普段色紙を持ち歩いてるやつなんていないよな
頼むなっていうかもしれないが


31

ずっと財布の中に入れててヨレヨレになったサイン入りの箸袋だったんだよな
二十年後の再会で見せてくれたのは


32

新幹線で話しかけてきた一般客に大阪まで喋り倒した話が好き


33

箸袋だからこそ財布に入れてずっと持っていられたってのはあるよね
さんまのサインで会話のきっかけ作りになるし


37

違うよ
断ると難癖つけられてうっとおしいから妥協してやるようになったんだよ
何度も語ってるじゃん


40

これって作り話の可能性高い?


47

>>40
さんまの話は10割嘘だと思えって大竹しのぶが言ってた


50

>>47
IMALUが言うには、さんまは必ず嘘をつくし
大竹しのぶは必ず話を盛るんだそうだ


101

>>50
その両親の娘だという自覚は無いんかww


42

逝かないかな


55

話し盛ってたとしてもファンに対する対応は実際にしてる訳だし普通に好感持てる
武田鉄矢は少し見習えよ




オススメ記事
注目の記事

最近の関連記事

カテゴリ「芸能・TV・エンタメ」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事
この記事へのリンク用タグ
<a href="http://kanasoku.info/articles/115427.html" target="_blank">さんま、サインや写真を断らないようになった理由を語る( ;∀;) イイハナシダナー </a>
コメント
  • 1: 2018/12/26 19:32:04
    プロの嘘松
  • 2: 2018/12/26 20:07:37
    この話は嘘かもしれんが、ファンサービスの良さはガチだからね
  • 3: 2018/12/26 20:41:55
    俺武田鉄矢の下劣さがめっちゃすきなんやが
    よく聖人役に起用されるが悪役の方がよく似合う
  • 4: 2018/12/26 21:13:18
    武田鉄矢の話詳しく
  • 5: 2018/12/26 23:12:43
    猫とか普通に本気で蹴る
この記事にコメントする
コメントする
名前
コメント

 以下の内容含むコメントはアクセス禁止対象とさせて頂きます。
 ・公序良俗に反する事項、個人情報、中傷誹謗、スパム行為
 ・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列
最近記事 | コメント(5) | 芸能・TV・エンタメ | △ Page Top

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。