カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧


download.jpg

1

英国人が見た平成日本、偉業を誇らない不思議=コリン・ジョイス氏
コリン・ジョイス  ジャーナリスト
[東京 21日] - 日本を定期的に訪れている筆者は数年前、都内に「上野東京ライン」という新しいJRの路線ができたことに気がついた。上野駅と東京駅はすでに結ばれていなかったか。そう思い、やや困惑した。

なるほど、それは都心を走り抜け、5つの都県を一度も乗り換えることなく縦断できる路線であることが分かった。複数の路線を結ぶ難しい事業を見事に成し遂げたことで、乗客の利便性は高まり、世界最先端の日本の公共交通はさらに良くなった。

南北270キロメートルにも及ぶ鉄道路線の名称に、徒歩で行き来できる都心の2つの駅名を使うのは、かなり控え目なことに思えた。しかし、それこそ日本人が自分たちの大きな業績を正しく評価しない、「平成」という時代の典型だった。

<平成で成長した日本サッカー>

同世代の日本人と違い、筆者は平成以外の日本を知らない。1992年に英国から来た私には、バブルの記憶も、昭和への郷愁もない。平成時代に対して日本人の多くが抱く「停滞」さらに言えば「後退の時代」という見方を理解しつつも、自分でそう感じることはなかった。私は、自分が出会ったこの国に深く感銘を受け、特筆すべき改善する力や、遅れを巻き返す能力に目を見張っていた。
(リンク先に続きあり)

https://jp.reuters.com/article/opinion-colin-joyce-idJPKCN1R10VI

4

イギリス人は頭おかしい


5

まあ
日本人の長所でもあり短所でもある



スポンサーリンク
Pickup!

7

上野東京ライン
分かりやすさ優先ならこうなるだけ


9

イチローの引退会見を見ていてもそう思うね


10

>日本について語り出すと、申し訳ないが鉄道の話が止まらなくなる。
>運賃が高く、時刻表は当てにならず、腹立たしいほど遅れがちで、>運休することもある(そして休暇シーズンには代行バスに切り替わる)英国に比べ、>日本の鉄道の旅がどんなに素晴らしいか、皆に伝えたくて仕方がない。

ただの鉄オタじゃねえか!


11

1992年なら最盛期とは言えないまでもまだバブルは味わえたはず
こいつが鈍いんだろう


12

常磐線は川崎までくるべき


13

英国人「日本人すごーいですねって英語で褒めると喜ぶと聞いて跳んできますた」


18

>>13
きさま、2ちゃんねらーだな?


14

かなり前に日本は基礎研究が足らないって言われてて
最近だとむしろ基礎研究の成果が出てて
それをうまく英語圏に売り込めないのが悩みになってるよな


20

>>14
それはないんじゃないの
発展途上国だった日本は欧米の基礎研究にタダ乗りしてきただけで
最近の停滞は基礎研究が疎かなままだからだよ


15

鉄道オタクの起源はイギリスかな。


19

>>1
残念ながら平成はすごーいですねジャパンやぞ


16

西欧人は西暦というのっぺりとした数字の連続の歴史の中で生涯を送るが、日本人は元号によって色分けされたいくつもの時代を通り抜けるという認識を持ちつつ生涯の時間を刻んでいく。そこが日本人と、独自の時代分けをしていないその他の国々の国民との歴史観、時代感覚の違いの要因であろう。


17

>>16訂正
通り抜けるという認識→通り抜けるという感覚


23

>>16
そのわりには最初の20年を何も覚えておらず、その後の44年間のことを何も学んでいない。


29

>>23
お前たちが勝手に作った歴史を覚えろったって無理だ。


21

コリンジョイス氏のコラムは好き

視点がいいわ


22

お前らひねくれすぎw


25

>徒歩で行き来できる都心の2つの駅名

いや、徒歩だと結構キツイと思うぞw 行けなくはないがな


28

それを打ち消すほど酷い混雑具合だがな
満員電車とか最低だ


30

欧米の人は、自分の親族がリアルタイムで見聞きした事実としてフランス革命を記憶している。
そのような連続性が、日本ではある一点で途切れている。代わりに跋扈したのが自虐史観。


32

こんなもので誇りとか思うのは当然鉄オタくらいのもんだろw


33

実際は王制を潰したかった貴族に扇動されただけで
フランス革命は別に市民が起こしたものじゃないし
そんな意識はフランス人には無いw


34

平成っていい時代じゃなかったな、なんか名の通り平らになった。
さっきのイチローがそろそろ終わりにしましょうかなんて言ってたけど、ホントそんな感じ


37

イギリスみたいに落ちぶれたくないから、偉業を誇るよりも危機感のほうが強い


38

自由恋愛からの結婚を国是として日本人を減らさしめた天コロの偉業?


41

日本人は海外に行かないから海外の鉄道システムのレベル知らないからね


44

便利なショッピングセンターもやたらと増えた。生活の質は何倍にも上がっている。


47

先進国の中でイギリス程衰退した国は無いだろうな
嘗ての世界最強帝国も今や金融以外の取り柄も無い只の欧州の端っこの島国だ




オススメ記事
注目の記事

最近の関連記事

カテゴリ「国際・海外」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事
この記事へのリンク用タグ
<a href="http://kanasoku.info/articles/117992.html" target="_blank">英国人が見た平成日本、偉業を誇らない不思議</a>
コメント
  • 1: 2019/03/22 12:17:20
    思いやり
  • 2: 2019/03/22 12:23:42
    チョッパリどもは謝罪しる
  • 3: 2019/03/22 12:29:00
    変に誇るとイキリガイジとか言われて叩かれるからしゃーない
  • 4: 2019/03/22 12:31:25
    ハプスブルク家の顎問題も見てるし、EU離脱問題で混乱している当事者だしな
    こいつらが二枚舌三枚舌四枚舌以前に、問題解決能力がないことは歴史的に見ても明らかな混迷の様相しか露呈していない
  • 5: 2019/03/22 12:31:59
    文字通り平和で良い年代だったじゃねえか...
    文句言うなら次の年号は世紀末にするぞ?
  • 6: 2019/03/22 12:38:23
    江戸時代の平和を終わらせた黒船来航ペリーを以てして、
    開戦の是非を問うならペリー連れて来い
  • 7: 2019/03/22 12:41:27
    繋げたことで俺の乗ってた時間が激込みになって以来使ってねーよ
  • 8: 2019/03/22 12:46:06
    日米同盟のおかげで、アメリカと同盟国です
    東側?赤なので無理。
  • 9: 2019/03/22 13:09:00
    >20
    それを言ったら、欧州ルネッサンスもアラブ文明の果実そっくり導入して、産業革命まで辿り着いた訳で、日本が全てただ乗りしてたわけではない。
    とくにノーベル賞に関しては、戦前だけで10本以上が、日本人よりも後から成果を出した欧米人が受賞してる。
  • 10: 2019/03/22 15:12:31
    群馬の絹糸を横浜から輸出するのが目的だったからな
    150年かけて直通させたのに貨物需要自体がなくなっていたという
  • 11: 2019/03/22 15:15:27
    満員電車は稼働率無視の東京一極集中政策の負債やろ。どんだけその効率改善の非効率な建設に日本中から集めた税金やら使われてると思ってるねん。
    人口比に置いても東京に投入された税金の割合大きすぎる。
  • 12: 2019/03/22 15:52:56
    ソースは読んでないけど、イギリス人だけがイギリス人が世界の中心にいると思ってる
  • 13: 2019/03/22 16:20:11
    だいたい同じ国の国民だってだけで自分が偉業をやりとげたわけじゃないしなぁ
  • 14: 2019/03/22 17:18:54
    大阪だって都構想ができれば、鉄道他インフラが劇的に充実できるのに
    職員労組が生活かかってるから必死の抵抗
    大阪自民も職員労組の世話になってきたしいっしょに美味しい汁吸ってきたから
    共産、立民、公明 古くから有る党はみんな 『職員労組党』といっていい
    他の地方のひとたちは知らんだろうが人数もすごけりゃ
    待遇も生涯給与も在日枠もはんぱないんやぞ
  • 15: 2019/03/24 07:16:42
    The Vida Patagonia : パタゴニア・ライフ – クリーネストライン
この記事にコメントする
コメントする
名前
コメント

 以下の内容含むコメントはアクセス禁止対象とさせて頂きます。
 ・公序良俗に反する事項、個人情報、中傷誹謗、スパム行為
 ・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列
最近記事 | コメント(15) | 国際・海外 | △ Page Top

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。