カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧


download.jpg

1

イチローは22日、成田空港発シアトル行きの航空機で渡米した。黒のニット帽、白の無地のロングTシャツにジーンズ。
グレーのジャケットと白いトートバックを手に持ち、現役時代の背番号と同じ51ゲートに弓子夫人を伴い現れた。
居合わせたファンからの「お疲れさまでした」の声に振り返って会釈し、機上の人となった。

全日空の成田空港発シアトル行きは通常「58B」搭乗口を使用するが、この日は「51」に変更。全日空関係者は
「オペレーションに問題がない範囲だったので、ご活躍に敬意を表し、背番号に合わせて51に変えさせていただきました」
と説明。全日空の粋な計らいで日本を後にした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-03220934-nksports-base


2

全日空はこないだのチェスの世界王者といい、融通利きすぎ


3

はぁ?
じゃあ俺が出国する時は072番ゲートから出してくれんのか?


98

>>3
粋スギィ!!



スポンサーリンク
Pickup!

5

あぁ、偶然じゃなかったのね。


7

これのなにが粋な計らいなんだ


12

イチロー「あ、そうだったの?」


15

奥さんきてたんだな


24

いいじゃんね


26

素晴らしいです


29

著名人にだけ擦り寄るのは客商売として失格だろ


33

全日空やるねぇ
JALならまず無理w


124

>>33
イチローより堀ちえみの鶴を折るのに必死だったはず


37

こういうのはいいと思う


43

宇宙への扉か


44

こういう融通の利く企業は生き延びると思う


49

粋な計らいをしたのは全日空じゃなくって、成田空港ビルだと思うんだが。


53

>>49
ANAからの依頼やろ
空港独断ではできないと思う


50

逆にこういう会社は有名人などの扱いに慣れてるだろうしな


51

全日空しか使わない


59

ほんでイチローは今後もアメリカに住むんか
日本に帰って来て住むことは無いんか


75

>>59
一弓が居るうちはアメリカ住まいじゃないか


61

実際に利用した客が勝手に変えるな迷惑だって言うならもっともだけど
特例の事だし記事見て迷惑だってのはなんだかなぁと思う


63

でも今やJAL>>>>>>>>>>>>穴


64

まあしょっちゅうはできないだろうから
一回くらいはこういうのあってもいいね


73

スレタイ見て適当なゲートに51って書いた紙でも貼って作ったのかと思ったw


108

>>73
俺もそう思ったけどその方が大変だな
あらゆるゲート案内変えないといけないから


77

エリア51経由での帰国なら評価するのに


79

これもダンカンにしたらくだらないって事なんだろうね


83

全日空としては話題になるし美味しいだろうな


86

全日空、覚えとくわ

善きかな


62

こりゃ宣伝効果抜群だな




オススメ記事
注目の記事

最近の関連記事

カテゴリ「芸能・TV・エンタメ」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事
この記事へのリンク用タグ
<a href="http://kanasoku.info/articles/118006.html" target="_blank">【MLB】イチロー出国に全日空が粋な計らいwwwwwww</a>
コメント
  • 1: 2019/03/22 23:39:27
    >>7みたいな人間にだけはなりたくないわ
  • 2: 2019/03/23 00:30:42
    いや、粋ではないでしょ、思いっきり計算w
  • 3: 2019/03/23 00:40:41
    ※2
    お、おう…
  • 4: 2019/03/23 02:06:55
    これがダンカンの言う茶番なんだよね
    最高だと思うが
  • 5: 2019/03/23 02:50:54
    つーか、チャーターしたわけでもないのに利用者によって対応かえんな
    野球関係ねーやつからしたらただの迷惑だろ

    何百人ゲート移動したと思ってんだ
    バカ野球しね
この記事にコメントする
コメントする
名前
コメント

 以下の内容含むコメントはアクセス禁止対象とさせて頂きます。
 ・公序良俗に反する事項、個人情報、中傷誹謗、スパム行為
 ・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列
最近記事 | コメント(5) | 芸能・TV・エンタメ | △ Page Top

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。