カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧


download.jpg

1

メンタリスト・DaiGoが、いじめが起きる本当の原因について、6日にYouTubeで解説した。
文科省によると、年間約40万人の児童・生徒がいじめの被害者となっている昨今。

紹介した研究結果とは、いったいどのような内容だったのか。

■親の育て方が大きい
今回、2019年にフロリダアトランティック大学が発表した、1,409人に対し3年にわたって行った追跡調査を紹介している。

子供の知性、家庭環境、出生時期などの様々なデータを照らし合わせて、いじめられる側、いじめる側になる子供にはどんな特徴があるのかを調べている。

結果、いじめを抱える要因として、親の育て方が最も大きいということがわかったという。
なお、いじめの原因は複雑であることをDaiGoは強調している。

■子供を侮辱する親のもとで…
いじめ問題を抱える子供は、子供を侮辱する親のもとで育てられたケースが非常に多かったという。

例えば何かできないことがあると、「何でこんなこともできないの」「他の子より全然できないね」
「誰が学費を払っているのか」などと子供のプライドを傷つける叱り方をされた子供が、いじめ問題を抱えやすいことがわかったとのこと。

■自信を失ってしまう
プライドを傷つけられる育て方をした子供は、いじめられても文句を言えなかったり、周りが助けてくれるのではないかと期待するように。
もしくは、親から愛情を受けられなかったり、侮辱されることで、親を信頼できなくなる。

結果、他人との距離がうまく取れなくなって、気に入らない子を攻撃してしまい、いじめる側に回ったりするという。
子供を侮辱したり、プライドを傷つける叱り方・注意の仕方は良くないということがこの研究から判明しているとのことだ。

■2人に1人はいじめ経験
そしてしらべぇ編集部が、全国20代~60代の男女1,381名を対象に調査したところ、全体の47.0%が「過去に一度でもいじめられたことがある」と回答した。

子供の自尊心やプライドを傷つけることは、家庭でも学校現場でも、厳に慎む必要があると言えるだろう。

https://sirabee.com/2019/10/07/20162175618/

View post on imgur.com



2

いじめることに快感を覚えさせるからダメなんだよ


4

甘やかされてきただけ


5

一理ある


8

親の真似か
あとは友達の影響もあると思うわ



スポンサーリンク
Pickup!

13

テレビのインチキ手品師が何を言ってんだか


15

メンタル弱い子は親にやられたことを自分がやる側になるって昔からわかってることだよな
やたら親のせいじゃないとかいう偽善者がいるけど、いくつになっても親の影響からは逃れられないんだよ


16

こいつは誰かの調査結果を出して金にしようとしてる
某脳科学者と一緒だな


26

>>16
それな
あんな連中みんなまともな論文もないインチキ医師とかだし


17

裕福な子でもイジメるぞ!一概には語れない


19

めちゃ早口で聞き取りづらい


27

>>19
ユーチューバーやゲーム実況はこんなのばっかだよな
こういうのがキッズにはカリスマ性があるように見えるんだろ


21

なるほどイジメるほうもイジメられるほうも問題あるんだな
イジメるほうもイジメられる方もどちらも悪いってことか


23

いじめは誰でも通過する問題だよ
ほとんどの人はちゃんと乗り越えられる
育てられてない子供は乗り越えられない


24

じゃあ、孤児院では起きないのか?


29

一定の閉じた世界に人を詰め込んでストレスを与えるといじめは発生すると思うけどな。
人も豚も鶏も同じ。


30

しかしそういった人たちが社会に参加するわけだろう
どう、防げばいいのか
今回は周りの教師が見て見ぬ振りをしてしまったことも深刻だと思うけど


33

初めはなんでもない事からエスカレートして行くんだよな
学校の責任とか言うけど加害者が悪いよ


36

DAIGOの場合イジメ受けてたからな。


41

昔エジプトの田舎でいじめを見たときはなんか驚いたわ

エジプシャンて割と穏健なのに、人間の性なんだなと


42

>>1
はい間違い
本当の理由ではなく、理由の一つに過ぎない
いじめは構造的にも心理的にも一定以上の集団で絶対に起こる
いじめてた奴を排除しても、別の奴がいじめる側になる


44

まあ、幼稚園あたりで他人にちょっかい出して困らせるのを楽しんでるガキはそりゃ親の環境だよな



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570524224/

オススメ記事
注目の記事

最近の関連記事

カテゴリ「芸能・TV・エンタメ」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事
この記事へのリンク用タグ
<a href="http://kanasoku.info/articles/124807.html" target="_blank">【YouTuber】DaiGo、いじめが起きる本当の原因を解説「親の育て方が大きい」との研究結果…こういう親の教育がダメだと指摘</a>
コメント
  • 1: 2019/10/08 22:27:50
    日本だったらテレビ、お笑い芸人の影響が大きいと思うけどな
  • 2: 2019/10/08 22:43:16
    >>42見たいなやつはどうでもいい。
    これを金にできてる奴と当事者たちに提言できる奴、最後にこいつ
    で俺が最下層
  • 3: 2019/10/08 23:00:08
    親や周囲の人間の模倣という側面があるのは確かだろうな
    「他の誰かを否定する事」しかできない者たちの世界では、「より否定する者」が最も高い地位に就くんだ
    「否定される自分」の価値を上げるために、子供達も必死で他の誰かを否定して生きるようになるだろ
  • 4: 2019/10/08 23:14:04
    きちんと愛されることをされていない子達はいじめる側にもイジメられる側にもなるな。愛が足りないから人の痛みを分からない
  • 5: 2019/10/08 23:22:58
    youtubeで紳助の子育て論見ろ。
  • 6: 2019/10/08 23:38:17
    >メンタリスト・DaiGoが、いじめが起きる本当の原因について、6日にYouTubeで解説した。

    してない
  • 7: 2019/10/08 23:47:46
    学校の授業にボクシングを必修にしたらなくなるんちゃうか
  • 8: 2019/10/09 00:20:59
    クソ教師どもが『皆仲良く』みたいな戯言並べてるのも原因の一つやと俺は思うわ

    皆仲良くなんて出来るワケないんやから

    仲良く出来ない人間がいるのなんて当たり前やし一緒に時間を過ごすのさえ不快なほど嫌いな人いるのも普通
    本人に問題があるのであれば、周りの人間からマトモに相手にされないのも普通や

    ただどんなに嫌いな人がいたとしても『誰かが困る事をわざわざやるのはルール違反』ってちゃんと教えなアカンわ
    『いじめられたサイドがいじめと感じたら全部いじめ』とかホンマ本質とかけ離れ過ぎた理屈や
    アホ丸出し
  • 9: 2019/10/09 01:22:58
    教育ってのがアリなら、遺伝もアリになってしまうな
    親がいじめてたことがあるなら子供もいじめるようになる。逆にいじめられてたら子供もいじめられる
  • 10: 2019/10/09 01:44:51
    馬鹿な奴はなんで海外の研究を持ってくるの?
    科学とか物理は分かるが、生活環境、習慣全てが違うのに持って来てもしょうがないだろ。
  • 11: 2019/10/09 02:09:47
    やたら否定的だけどエビデンスある分お前らよりまともじゃん
  • 12: 2019/10/09 02:31:21
    シンプルに競争社会だからだろ。
    強制的にクラス分けされて、隣の奴倒せば良い思いできる時点で嫉妬や差別心が生まれる。
    適当に在宅学習入れればいいんだよ。
  • 13: 2019/10/09 06:42:57
    同級生の影響はでかい
  • 14: 2019/10/09 07:34:18
    優越感ある限りなくならないやろ。
  • 15: 2019/10/09 10:53:41
    以前子どもの性格は親の育て方はほとんど関係ないって動画で説明していた気がするが…
  • 16: 2019/10/10 10:04:23
    まーた総理の孫と間違えてるよ。

    こういのはあくまでもそういう実験もあったんやね、ふーん。程度にしとけばええんや。
    そこまで単純な構造で出来ているなんてとても思えん。
この記事にコメントする
コメントする
名前
コメント

 以下の内容含むコメントはアクセス禁止対象とさせて頂きます。
 ・公序良俗に反する事項、個人情報、中傷誹謗、スパム行為
 ・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列
最近記事 | コメント(16) | 芸能・TV・エンタメ | △ Page Top

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。