カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧
注目の記事
51.jpg

1

「声優ブーム」と言われるようになって大分たちました。
今がいったい第何次ブームなのかよく知りませんが、声優に憧れる人は相変わらず大変多いようです。
現場ですれ違う新人の数も、この10年ほどで把握しきれないほどに増えました。
少し前までは、「今の“新人枠”に入るのはあいつやこいつ……」となんとなく顔くらいは浮かんだものなのですが。

声優志望者や若手声優と話していて不思議なのは、「声優になる」ことを、まるで就職でもするかのような感覚で捉えている人が多いことです。

声優志望者の甘すぎる未来予想図

話を聞くと、彼らは極めて無邪気に、こんな青地図を思い浮かべているのですね。

まず声優学校に入り、養成所に進んで、いい声の出し方や演技の仕方を教えてもらおう。
そして大手の声優プロダクションに所属し、マネージャーがとってくる端役の仕事をこなしながら“出世”のチャンスをうかがおう。

最初のうちは安い仕事しかないだろうから、アルバイトと半々くらいで声優の仕事をしよう。
そのうち大きな役がもらえるようにもなるだろうし、そうすれば後はだんだん軌道にのって、いつかは食えるようにもなるはずだ。

私などからすると、さていったいどこから突っ込んだらいいものやら……と煙草の1本でも吸いたくなってしまう内容なのですが、これを“ベーシック”なルートだと思っている若者は後を絶ちません。

「声優になりたい」。そう思うことは自由です。しかし、「声優になる」ことを「職業の選択」のようには思わないほうがいい。
この道を選ぶということは、「医者になる」「パティシエになる」「バンダイの社員になる」なんて道とは根本的に違います。
少なくとも、私はそう考えています。

大塚明夫「声優の大多数が仕事にあぶれる理由」
https://toyokeizai.net/articles/amp/321702


2

よく考えてみてください。この世界には、「声優」という身分を保証するものは何もありません。
資格やら免許があるわけでもない。人様に言えるのはせいぜい、「□□という声優プロダクションに所属しています」
「××という作品の○○というキャラクターの声を担当しました」くらい。
それだって、誰にでも通じる自己紹介にはなりえません。
社会的に見れば極めて頼りない、むしろ存在しないに等しい肩書きなのです。

そもそも、人は何をもって「声優になった」と言えるのでしょう。声優プロダクションに所属できたら??
「いらっしゃいませ」の一言の台詞でも、作品の中で発することができたら立派に「声優」なのでしょうか。

このくらいは皆さんもご承知だと思いますが、「声優になった」からといって、声の仕事が自動的に、毎月のお給料のように舞い込んでくるわけではありません。

1件1件の仕事を、いわゆる「人気声優」たちとも対等に取り合っていかねばならない。
その競争は、皆さんが想像する以上に激しいものです。
コンテンツの制作サイドからすれば、欲しいのは「ギャラが予算内に収まり、かつ良い芝居ができる人間」
であることがほとんどですから、テレビや舞台の俳優を声優として使うことだって自由です。

「声優という肩書きの人間のほうがいい芝居ができる」なんて思い込んでいるのは一部のオタクだけです。

肩書だけでは仕事は得られない

つまり、声優という肩書自体に、「声の仕事を得る」ための効力はないのです。
「声の仕事をしている役者のことを声優と呼んでいる」だけなのですから当然です。

この順番を取り違えている新人声優がよく、「声優になったのに仕事がない、おかしい……」と悩んだりするのですが、そこで「なんで僕に仕事がこないんだろう」と真剣に考えられる人ならばまだマシなほう。「就職」気分が抜けない人にはそれが難しいらしく、「仕事がこないのはおかしい」という考えから抜け出せないまま、大小さまざまな失望を抱いてこの業界を去っていくことになります。

そんな人を、私はこれまでに飽きるほど見てきました。出会う新人声優の9割以上はこの?末をたどると言ってもいいくらいです。
ほとんどの声優は、充分な数の仕事になんぞありつけないからです。


4

普段は、それで困り果てている若者たちを見ても、私のほうからあれこれ口を出したりはしません。
そんなに暇でもありませんから。
しかし、今回はせっかく皆さんにお話しできる機会をいただいたので、声優という生き方の何がおすすめできないのか、なるべくわかりやすくお伝えしたいと思います。

なぜ、「仕事にあぶれる声優」が多いのでしょう。それは簡単な話で、「声優」の数が増えすぎたからです。
「声の仕事」は、現在声優と名乗れる立場の人間の数に対してあまりにも少ない。

日本の「声優」の歴史をみると、1960年頃から洋画や海外ドラマの吹き替えが多く制作され始め、「声だけの芝居をする役者」が大勢求められるようになったことがわかります。
声優という言葉自体は1940年代からありますが、戦前は主にラジオドラマがその活躍の場で、今私たちが「声優」として思い浮かべる像とは少し違いました。

例えるならば1960年代は、50しかない椅子に、50人の役者が余らず座っているような状態でした。
「声だけが必要とされる仕事」が先にあり、それを埋めるため、各配給会社が新劇の舞台役者や売れないテレビ俳優を引っぱってきていたので余りようがないのです。
「声優なんてのは売れない役者の成れの果てだ」と見なされていた時代の話です。


5

300の椅子を1万人が奪い合う状態

では、今はどうかというと、300脚の椅子をつねに1万人以上の人間が奪い合っている状態です。
確かに30年前に比べて、声優が求められる場は多くなったと私も思います。
2000年代に入ってからアニメの制作数は激増し、フルボイスのゲームも今や珍しい存在ではありません。

しかしそれでも、です。椅子の数も増えましたが、1万人の声優を食わせられるほどの増え方ではありません。
異常に競争率の高い仕事を血眼で奪い合うゲームが続いています。

極端な言い方をすれば、声優になったところで、もらえる仕事自体はろくにないということです。
そうすれば当然生計も成り立ちません。しばしば噂されているらしい
「声優の多くはアルバイトとの掛け持ちで活動している」という話はまぎれもない事実です。

かくいう私自身、30歳近くになるまで土木のアルバイトを続けていました。
幸い私の場合は早々にそうした時期を終えることができましたが、30代、40代になっても「専業声優」になれない人も珍しくありません(もちろん、自分の意志で「ならない」人もいます)。

こんなに商売として成り立っていないものを、安易に将来の「職業」として選ぶのは危険です。即刻やめたほうがいい。
実家が裕福でいくらでもすねがかじれるとか、声優が駄目でも実家の稼業を継げばいいとか、いつでもしっかりした勤め人のお嫁さんになれる身分だという人間でない限り、近づかないのが正解です。


6

ガトーが言うなら間違いないな


7

楽したいだけ

社会はそんな甘くない


8

これをスネークの声で言ってほしい


9

大塚明夫も親父が大塚周夫じゃなかったら出てくるのもっと遅かったろ


20

>>9
だからこそ説得力ある


39

>>9
だから明夫は「要するに“運”次第なのです」って言ってるんじゃないの



Pickup!

10

この人も競争相手が増えると困るしな


11

枕営業は声優業界が一番闇が深いって暴露されてるしさあ


12

作品に合わせて声質選ぶと同じ人をずっと雇う必要もないぐらいに人も足りてるしな
制作も選び放題で安定した職業とは言えず結果枠を取るために枕やら不健全な方向に走ってしまう


13

正論好き


14

ホントそう思う
ミュージシャンも一緒
チョロっと楽器屋のスタジオで素人に教えてる程度とかでプロと言われてもな


15

声優学校というフリーター養成所で言ってやれよ


16

専門学校も罪だよなwww


21

まぁ、事実だな。
深夜枠のアニメが増えても、ゴールデンタイムのアニメは減ったし、これからも今以上に枠が増える事は、ほぼ有り得ない。
なのに、声優の卵は毎年増える一方。
大塚さんの仰る通り。


23

実際実家が裕福な連中は結構いるな


24

今のブームは異常だよ。
男も女も見た目重視やんけ。顔出しイベント増えてるしな。

特徴的な声ですら、今の声優界だと運がなきゃ取り上げられなそう。
大山のぶよみたいのはもう現れないと思うと切ないわ


25

声優なんて掃いて捨てるほどいるけど、存在感ある声優なんて一握りだしねえ


27

>>1
ドキュメンタリーの吹き替えみたいな感じで再生された


29

>実家が裕福でいくらでもすねがかじれるとか、声優が駄目でも実家の稼業を継げばいいとか、いつでもしっかりした勤め人のお嫁さんになれる身分だという人間でない限り、近づかないのが正解です

いきなりの落合福嗣くんディス

会計ソフトだかの大蔵大臣だか云う声優さんは、公務員だったんだっけか
公務員の兼業禁止に触れてチクられて、公務員の方を、辞めて声優一本にしたんだっけか


31

声を脳内再生余裕でした
子安並には印象残る声だからなぁ


34

昔から声のいい役者の副業じゃん
アンタの親父もそうだったろ?


37

結局、アニメや漫画が好きと言ったライト層が飛び込んでくる業界だからな


38

増えちゃうとベテラン安売りしなきゃならないからな


40

夢を与える職業なのに
夢をぶっ壊して間口を狭くして保身


41

最近あざとくつくってる声の人多すぎて
深夜テレビつけっぱなしだとアニメが流れて苦痛になった
宮崎駿の気持ちが少し分かる


50

>>41
わかる
わかるけど耳を済ませばとかあんなんもないわ


42

大塚さんは存在感が圧倒的過ぎる。


45

社会なめんなよ


48

声優さんってさ大御所でも今でもオーディションでしょ?このほうがまだ納得するよ
映画とかの俳優はジャニとかそんなのばっかで大根ばっかりで腹立つ


64

声優だけじゃなくアニメーターも金にならんしな
アニメも昔とくらべて増えたけどDVDまったく売れてないし採算も取れてないんでしょ


66

成功者しか見えてないからな

まぁあんまり現実ばっか晒したらなりたい奴なんていなくなるかもしれんけど
今のベテランとかちょっと前の大御所なんて皆そんな感じか
最初から声優やりたかった人って結構少数派だよね


67

>>66
バンドでメジャーになりたい奴だって成功した人間しか見てないだろw


73

>>67
そんなもんだよな
淘汰も込みで成り立ってる業界ではある


80

声優は成功しても儲からないし、売れっ子の神谷浩史さんでも自分は日雇い労働者って呼んでるな


81

なりたい奴が多い職業は供給過多だから
労働環境も金もよくならない罠


84

声優のスキルは潰しが効かないてのは納得出来る


93

ワンピースの声優さんもさらにベテランの悟空の人に言わせると
やることないから声優の事務所で毎日掃除してたわーなんて皮肉言われちゃうほどだからな
やっぱり当たり役とか代表作がないと厳しいのは確かだろうな


99

役者や芸人目指すのと同じよな
それだけで食える人の数は一番少なそう


103

今の声優は売れてきたら売れてきたでアイドルじみた事までさせられるんだから大変だなと思う
やれるかやれないかは事務所に確認されるらしいけど実質やれないなんて言えないだろうし


106

>>103
声優養成所ではアイドル的な訓練も受けるらしいよ。


104

名前売れてる声優でも作品ごとに毎回オーディション受けてるんだよな…


105

コネがほぼ全ての世界
コネさえあればとりあえず使ってもらえるし場数踏めば上手くなっていく
養成所や専門学校はコネ作るために行くようなもん
コネなしスタートだとベリーハードだけど2世親族ってだけで超有利のヌルゲーになる
その後売れるかは別


120

>>105
それは大塚明夫がラジオで言ってた
「最初下手くそな人でも使ってもらえればそのうち上達する、使ってもらえなければどうしようもない」的なこと


116

YouTuberに転身


117

専門学校もたくさんあるから行けば声優になれると思っちゃうんだよな
難度は芸能人になってTVに出るのとかわらんだろうに


123

だから現場に「またこの人呼ぼう」と思ってもらえることが重要
みたいなこと言ってたな…
おもいっきり営業職スキルいるな…


126

>>1
こう具体的に書かれると、枕はあっても当然だなあと妙に納得したわ



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1577723510/

19 コメント
  • 1: 2019/12/31 08:43:28
    顔が良くて枕出来ればなれるんでしょ
  • 2: 2019/12/31 09:17:41
    女の子の声優志望率は異常
    世の中そんなに甘くないよ
  • 3: 2019/12/31 09:19:30
    最初はそれで良くても、結局何か引っかかるものがなければ、同じことをした自分より顔が良くて若いのに仕事取られるだけよ
  • 4: 2019/12/31 09:21:53
    先にyoutuberとして成功してから声優になった人を知ってる
    声のサンプルがゴマンとアップされてる上に固定ファンをすでに10万人単位で抱え込んでるんだから、そら声優要請所上がりのモラトリアム野郎よりそっちの方がいいわな
  • 5: 2019/12/31 09:31:59
    コメ欄でも「なれる」「なった」って
    書いてる人いて
    全然大塚さんの言ってること伝わってないって
    思った
  • 6: 2019/12/31 09:50:11
    ※5
    声の仕事が舞い込んできた
    これでいいかい?揚げ足取り君
  • 7: 2019/12/31 09:53:03
    ビジュアル重視で選んでも話題重視で選んでも一定の質を確保できるくらい人間が集まっているので要するにブサイクは無理ということ
  • 8: 2019/12/31 10:20:29
    金があるかコネがあるか体を売るか客を既に持っているか
    使う側にメリットなきゃ使わないからねどれかわからないなら大抵体売ってる奴だよ
    それぐらい今の若手声優に突出した声質や演技力の奴がいない
    みんな似た演技、似た声質だから代えきく奴しかいない
  • 9: 2019/12/31 10:23:18


    >大塚明夫も親父が大塚周夫じゃなかったら出てくるのもっと遅かったろ


        父ちゃんが声優じゃなかったら
       土木関係の仕事をしてるサラリーマンになってるだけやろw

  • 10: 2019/12/31 10:57:03
    夢を与えるのは客に対して
    同業達は夢を与える側だろうが何甘いこと言ってんだが
  • 11: 2019/12/31 11:38:31
    どんなに訓練しても声質は変えられない
    いい声を生まれ持った人だけが生き残る
  • 12: 2019/12/31 11:46:04
    声優の仕事「だけで」毎年年収が200万有るのってどれくらい居るんだろう。
    年収200万って、フリーターとかそのレベルなんだけど、それすら自称声優の
    何割?って話なんだろうな。
    殆どがフリーターと声優を掛け持ちしてて、収入的にはどっちがメイン?
    って感じなんだろう。

    副業で稼ぐ程度の収入でいいなら、声優を選ぶ必要も無いな。
  • 13: 2019/12/31 11:50:19
    シーズン終って打ち上げ~なんて言うけど
    声優からしたら失業だもんな
  • 14: 2019/12/31 12:05:31
    使う側だって声優オタクでもない限り、よくも悪くもない似たような声ばかり聞いて
    ちゃんと決められるとは思えんなー
    今の若手声優なんてアニメ声が出せるアイドルで
    ファンもそのつもりで応援しとるんやろ?
  • 15: 2019/12/31 12:06:25
    花江はyoutuberの収入で億万長者やぞ
  • 16: 2019/12/31 12:12:30
    同人声優ってどうなん?最近音声系の同人とか流行ってきたけど。
  • 17: 2019/12/31 12:29:59
    いつか人口増加バブルは弾けて
    専業声優は何処かのラインでいなくなって
    アイドル俳優タレントの副業に落ち着くと思うわ
  • 18: 2019/12/31 13:33:59
    甥っ子が声優の専門に行って案の定人生詰んでる
    ほんと罪な業界だよ
  • 19: 2019/12/31 14:47:11
    完全に正論なんだけど一方で花江みたいに不細工で大した個性もないのに実際売れちゃってる奴がいるから志望者が耐えないんだよな
    本当宝くじみたいなもんだわ
コメントする
名前
コメント

オススメ記事
最近の関連記事

カテゴリ「音楽・声優」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。