カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧
注目の記事
44.jpg

1

「先日、'22年のNHK大河ドラマに主演することが発表された小栗旬ですが、実は11月公開予定の『ゴジラVSコング(邦題未定)』のほかに、もう1本、ハリウッドの大作映画に出演することが決まったそうです」

そう語るのは、映画関係者。小栗旬(37)が主演する大河ドラマは『鎌倉殿の13人』。1月8日には脚本を手掛ける三谷幸喜が記者会見を行ったが、主演の小栗旬は、家族といっしょにアメリカ・ロサンゼルスに滞在していたため、出席しなかった。前出の映画関係者が続ける。

「俳優として大きな仕事を控えているだけでなく、今年は彼にとって大きな飛躍の年になりそうです。所属事務所である『トライストーン・エンタテイメント』(以下・トライストーン)の社長に就任するのです」

トライストーンといえば小栗以外にも、田中圭(35)、綾野剛(37)、木村文乃(32)など、人気俳優を多数抱えている大手芸能プロダクション。

「小栗は若いころから映画監督やプロデュースなどにも興味を抱いており、木村文乃09年には同社の取締役に名を連ねています。またプロダクションの垣根を越えて、多くの俳優たちと交流を続けている彼は、同じころから“俳優の労働組合”の必要性を訴えるようになりました」(前出・映画関係者)

'10年6月、初監督映画『シュアリー・サムデイ』の完成披露イベントで、小栗は次のように語っていた。

「将来、日本の俳優のユニオン(組合)を作りたい。もっと、俳優が自由に意見できて、責任を持てる環境を作りたい」

だが、“自分の手で日本の芸能界を変える”という夢は、彼の人脈をもってしても一朝一夕で実現できるものではなかった。4年後の、鈴木亮平(36)との対談では、こんな弱音ももらすようになっていたのだ。

《(俳優労組結成については)ここのところはちょっとね、負け始めています。組織に。やっぱり組織ってとてつもなくでかいから、「自分は誰かに殺されるかもしれない」くらいの覚悟で戦わないと、日本の芸能界を変えるのは相当難しいっすね》(『クイック・ジャパン』'14年8月号)

“組織”とは、日本の芸能界そのもののことなのだろうか? この対談で小栗は言及していない。

「このころから彼は、俳優の労働組合を設立することよりも、まずは会社という組織のトップに立つことから、芸能界全体を変えていこうという考えを持つようになったようです。彼のそんな思いに理解を示しているのが、トライストーンの現社長・山本又一朗氏なのだそうです。山本氏は小栗に社長を任せ、自身は会長として後見していくことを考えていると聞いています」(前出・映画関係者)

そこで本誌は、山本氏に電話取材を試みた。

――小栗旬さんが今年、トライストーンの社長に就任すると伺っています。

「そうですね、確かにそんな構想や予定があるのは間違いありません」

山本氏は、時期こそ明言しなかったが、“小栗旬・社長就任構想”については認めた。また就任時期を明かせない理由について、山本氏は次のように語った。

「本人は(会社の)経営なんてやったことがないわけですからね。それなりの準備も必要ですし、(社長を)引き継ぎするためには、それこそ(私と小栗で)並走しながら、マラソンのようにいっしょに何キロも走っていかなければ
いけません。でも(彼を社長にという)方向としては、そう考えていますし、彼にもそう認識してもらうようにしています」

――『ゴジラVSコング』以外にも、ハリウッド作品への出演が決まっていると聞きました。大河ドラマもありますし、今後の俳優活動もかなり忙しいのではないでしょうか?

「おっしゃるとおり、『ゴジラ~』のほかにも(ハリウッドで)決まっている作品はあります。まだ発表できる段階ではないのですが……。ただ “ハリウッド進出”というのは、少し誤解があるかもしれません。確かにいまは家族といっしょに
ロスで生活していますし、ハリウッドからオファーがあればそのつど検討すると思います。しかし米国滞在の目的は英語の勉強です。週5日間は毎日3時間半ずつ、英語のレッスンに取り組んでいます」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200121-00010002-jisin-ent

View post on imgur.com

2
――あくまでも軸足は日本に置くということですか?

「そうです。小栗にはあくまでも“日本のスター”であってほしいと思います。とにかくいまも仕事が立て続けに入りますので、(社長就任準備に関する)時間が足りないというのが実情です。経営者になるというのは責任もありますし、簡単な話ではありません。でも彼は、その方向を目指して頑張っています」

前出の映画関係者によれば、小栗は忙しい合間を縫って、所属俳優たちと連絡をとり、彼らのケアにも留意しているという。10年前から抱いていた“芸能界を変える”という夢の実現のために、彼は疾走を続けているのだ。

「女性自身」2020年2月4日号 掲載


7
へー、小栗と田中圭と綾野剛て同じ事務所だったんだ
小栗組の色薄いしイメージ無いわ


12
>>7
三谷幸喜がエッセイで褒めてて、三谷の映画にも出てて、小栗旬と同じ事務所だと、再来年の大河にも出そうだな



Pickup!

9
痴漢でもしたんかと思ったわ


10
役者より社長とかプロデューサー業のほうが
向いてるだろ。


13
会長男気あるな


14
小栗軍団のメンバー全員事務所の事務所に移籍させる計画か


16
いやーすごいね
こんなに大物になるというか夢がでかいとは
山田優はしがみついてほんとよかったね


17
おめでとうでしょう。。


19
もう粗品の顔しか出てこない


23
>>19
これですわ


339
>>19
逆転しちゃったな


21
あの伝説の番組GTOでいじめられっ子役だったのがここまで来るとはなあ(しみじみ)


22
>>21
それな


24
思えば漫画実写化の学芸会以外これといった代表作が一個もないな
ガキだった頃の代表作GTOですら漫画実写化という


200
>>24
刑事ドラマのボーダーはむちゃくちゃおもしろかった
頭に残った銃弾のせいで幽霊が見えてしまう役。まあ脚本が良かったんだけど


77
>>24
邦画全般そうなんだからその中で当たり映画持ってるのはすごいじゃないか
個人的な当たり役はsummer snowかな


300
>>77
小栗本人もsummer snowが転換期って言ってたの見たことあるよ


25
コスプレ映画と言えば小栗だもんなw
しょーもな


30
組合を一から作るって言うのは片手間で出来るとは思えないぞ。
それこそ完全に裏方になって専念しなければ無理。


33
11年前に取締役になってる割りにはまだまだなんだな


34
俳優組合ができれば ジャニーズだらけの映画・ドラマが変わるかもな


40
批判ばかりで何もしない奴よりはるかにかっこいい


47
本人は裏方業で行きたいんじゃなかったっけ?


50
>>47
そんな奴が大河うけるかよ


109
>>50
大河主演だから受けたんじゃないの?
今後監督とか裏方になるとしても元大河主演俳優って看板としては
無いよりあった方が箔になるよ


48
これでもうルパンみたいなのやらなくて済むな


52
小栗って役者の中の超絶意識高い系やな
いや、ほんと素晴らしいと思う
沢尻に爪の垢煎じて飲ませたい


58
俳優組合作ったら当然映画ドラマなんかは完全オーディション制にするんだろうな?


67
芸能界ではなく学芸会演技を変えてくれ


74
これで橋本環奈とか移籍したら、どうしようもなく辣腕だなw


81
小栗旬なら薬やってないから安心だな


112
小栗は顔が地味で華がないから裏方の方が合ってる
ハリウッドでもスタッフと間違えられるくらオーラない


123
小栗は若い時のが演技うまかった気がする
どんどん勘違いしてダメになった
キサラギとかの頃はまだ良かった


129
内容はともかく映画のメガホン自分で取ったりと結構フロンティアスピリッツある奴だよな
内容はともかく


140
小栗のこういう姿勢割と好きだよ



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.so/mnewsplus/1579532759/

5 コメント
  • 1. 匿名 2020/01/21 07:27:24
    小栗は若いころから映画監督やプロデュースなどにも興味を抱いており、木村文乃09年には同社の取締役に名を連ねています。

    唐突な、木村文乃
  • 2. 匿名 2020/01/21 07:27:41
    とーちゃんは業界で知られる舞台監督やし、ショービジネス経営に興味あるのもむしろ自然な流れやな
  • 3. 匿名 2020/01/21 13:43:54
    ルパンまでやっちゃったところで好感度上がったわ
    ルパン3世役なんて普通はビビってできない
    出来はまあ、ルパン実写化して成功するわけがないんだから良くやったよ
  • 4. 匿名 2020/01/21 20:01:36
    小栗旬と粗品が何か関係あんの?
  • 5. 匿名 2020/01/22 11:07:35
    粗品>小栗
コメントする
名前
コメント

オススメ記事
注目の記事

最近の関連記事

カテゴリ「芸能・TV・エンタメ」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。




top

bottom