カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧
注目の記事
44.jpg

1

明石家さんま(64)が、15日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜午後10時)に出演。闇営業問題で吉本興業から契約解除され、先月にユーチューバーとして再出発した雨上がり決死隊の宮迫博之(49)について言及した。

自身の個人事務所で宮迫を預かっており、ユーチューバー転身について「宮迫の場合、テレビに出たいけど、出ることができないからね」と理解を示した。

「YouTubeはテレビの敵だから見ない」が持論のさんまは「芸能人の若いヤツから帰りにYouTubeをみますって聞くと『やめとけ!』って注意する」と話し、「テレビで暮らしていかなアカンから、テレビをみる人数を減らさないようにしなきゃいけない。いま減っていっているのは事実。これからまだまだこの戦いは続くやろな」と予測した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200215-02151171-nksports-ent


10
さんまは長年一緒にやってきたテレビ局スタッフの気持ちを背負おうとしてるよな


11
>>いま減っていっているのは事実

単純にテレビタレントに魅力がないからだよ
それだけ
そのテレビタレントの代表がさんまとかなんだよな
もうとっくに賞味期限切れタレントなのに


12
さんまはプロですから



Pickup!

13
くだらん
電波かネットか技術的に違うだけなのに


15
タレントだけじゃなく
番組にも魅力がない


18
もうすぐ同時放送始まるから
そうなるとスマホでテレビを見る人が増えるだろう
それはテレビと呼んでいいのだろうか


24
>>18
今そもそもテレビ見てる層が減ってるからな


19
見てないんか


20
やっぱさんまってプレイヤーだよな
人を統括する能力は皆無


21
まあテレビ的にはユーチューブは敵だよな


22
関係ないが笑っていいともは間違いなくマンネリ化してた
だが今はもう古き良き時代だった気がする


23
さんまもわかりみが深い人だな


26
江頭なんかはテレビタレントが出演してテレビスタッフが編集してる
テレビとYouTubeの境目って何だろうな


34
>>26
放送局がYoutube


67
>>26
YouTubeって場を提供してるだけだからな
で金になる奴に金を出して囲ってるだけ


31
やっぱジジイなんだな
もう離れてるよ


35
地上波、BS、CS、TVer、GyaO、エムキャス、YouTube、プライムビデオ
とか番組が多すぎるのでテレビ、PC、タブレットで見たいのを同時に見てる


36
テレビは少しは嫌がられてる番組の作り方を改めればいいのに
ワイプとかCMまたぎとか芸人まみれなところとか


43
>>36
それ辞めちゃうと益々駄目なんじゃね?
だから仕方なくかと


38
実際テレビとユーチューブ逆転するのもそう遠くない


41
宮迫は俳優向き


44
YouTubeやってる芸人がほとんどなんだけどね


45
なんで二者択一という前提なんだろう
普通はTVもネットも両方見て、面白けりゃそのコンテンツを見続けるものなのに
これからの芸人だって両方やる流れになるんだからTVとネットは「vs.」じゃなくて「&」なんだ


50
YouTubeはその辺の芸人よりYouTuberの方が再生数多いからな
エガちゃんは別格


51
さんまは今でもラジオを大事にしてるから
YouTubeが映像つきのラジオだと気付いたらポンッと来るかもしれんな


52
芸能人がYouTuberになって
焦るのは素人YouTuberだと思う


56
さんまはエガちゃんとか好きじゃないよな

御殿でエガちゃんに笑いを全て持っていかれて
二度と出さないとか冗談で言ったかと思ったら、本当に出ないしw


58
そもそも、お爺ちゃんだから、ネットの見方なんてわからんでしょ


59
テレビがガンガンYoutubeの映像流してるのに何言うてまんねん


63
ユーチューブで紳助のトーク見てると楽しい


66
さんまは他人の面倒みれる器ではない。


68
宮迫の復帰という面倒な問題が勝手に解決してくれてよかった


70
実際テレビ見る時間は激減した
とりあえずネットで動画見てしまうからね


29
YouTubeを下に見たり擦り寄ったりする芸能人が多い中でYouTubeを対等に扱ってライバル発言するさんまはやっぱり凄いと思うわ



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.so/mnewsplus/1581779242/

10 コメント
  • 1: 2020/02/16 09:04:47
    タレントに魅力があるかないかはあれだけど、結局はスポンサーと事務所とのしがらみでどこも似たような番組しかなくなったからってのが最大の理由じゃね?
    ゆーちゅーばーはやりたいことをやってて、それが結果に結びつくかどうかのギャンブルみたいなもんだしな。
    CSとかの専門番組みたいなやつをローコストで解説とかの感覚でやってたりするゆーちゅーばーとかの動画って気が付いたら過去動画さかのぼって見続けるとかね。
    深夜の知る人ぞ知る番組ってのが最近は少ない気がするし、TV局には難しい問題だとは思うけど若手プロデューサーとかに本気で好き勝手やらせてみたりしてほしい。
    昔はそういった過激とも不可思議とも言える番組多かったしなぁ。・
  • 2: 2020/02/16 09:05:39
    「視聴者はテレビかYoutube見るかの二択」
    っていう発想がダメダメだろこのおじいちゃん
    どんなライフスタイル想定してんねん
    みんな他にもっとやる事一杯あってテレビ見ないのに
  • 3: 2020/02/16 09:14:11
    TVって放送枠数が決まってるから出られる人数の上限もある程度決まってて
    その数少ない枠を老害が手放さないんやから皆youtubeに行くわなw

    で、若い世代が今ほとんどTVを見ずにyoutube見てる現状がどんだけヤバイかもさんまは分からんのやろねw
    今の日本のyoutubeなんざほとんど大した金も手間もかけずに素人同然の人間が喋ってるだけでこれだけ再生されてるんやぞ
    今後、確実に資本や人材が入ってくるのにTVに勝ち目あると思ってるんかよw
    TV局自体が簡単に潰れるとは思えないがネットで動画配信する人間が今後世の中の中心になるのは間違いないわ
  • 4: 2020/02/16 09:15:05
    テレビタレントに魅力がないって、まるでyoutuberには魅力があるような口ぶりだな(笑)
    結局は好みや生活スタイルの問題でしょ。
    現にテレビ番組がyoutubeでアップされてると再生数凄いし、テレビで活躍できない芸能人がyoutuberになってもそれなりに戦えてる奴らいっぱいいるでしょ
    タレントどうこうじゃなくて、生活スタイルの変化でyoutubeやネット配信にある程度流れただけ
  • 5: 2020/02/16 09:27:53
    マスコミって既存の業界を煽って競争社会を煽った割には、自分がそういう立場になると途端に泣き落としだの印象操作だのするよな。
    さんまが悪いんじゃなく、既得権益にしがみつきすぎた結果なんじゃないの?
  • 6: 2020/02/16 09:41:39
    最大の理由なんて見たい時に見たいものを見れるからだろ、スマホゲーと本質は似てる
    今はやりたい時見たい時に選択するのが当たり前の時代、昔の様に月曜の9時まで待ったり家庭用ゲーム機に束縛される必要が無い
    役割が仮に逆になれば毎週月曜の9時にyoutube の配信見たり自宅のみでスマホゲーなんてわざわざやらんだろ
  • 7: 2020/02/16 11:29:41
    NHKとかネット配信するだろ
    そこでネットでしか見れない番組出したらそれはもうYouTubeではないだろうか。
    さんまもネットでしか放映されないものに出ることになるだろう。
  • 8: 2020/02/16 11:37:28
    宮迫、さんま松本の弱味握ってる説
  • 9: 2020/02/16 14:10:44
    テレビはチャンネル少ないのに内容似たり寄ったりが多くて選択肢が狭すぎる
    YouTubeはコストかからないからジャンルだけでも選択肢だらけや
  • 10: 2020/02/16 17:03:36
    テレビのアンテナなんて等に処分済み
    テレビ局を解体して電波オークションしろよ
    一般サイトでも買えるくらいの値段で
    そうすりゃ反日工作員が日本から激減するだろうよ
コメントする
名前
コメント

オススメ記事
最近の関連記事

カテゴリ「芸能・TV・エンタメ」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。