カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧
注目の記事
3.jpg

1

2月18日(火)放送の「踊る!さんま御殿!!」(毎週火曜夜7:56-8:54、日本テレビ系)では、「全員ママ!子育て事情を大激白SP」として、井上和香、小原正子、くわばたりえ、近藤千尋、佐藤亮子、関根麻里、高城亜樹、武田久美子、なーちゃん、中村仁美、hitomi、ボーク重子が登場。子育ての苦労や夫への不満を明かす。

初登場の元AKB48・高城は、Jリーガーの夫・高橋祐治が千葉のチームに移籍し関東に引っ越したことから、「今後はまたお仕事を」と芸能界復帰に意欲を見せる。

同じく、初登場のママYouTuber・なーちゃんは、自身の子供の動画をアップしているYouTubeチャンネル登録者数が、200万人以上。1本で3億回を超える再生数の動画もあるほど大人気と知った明石家さんまは、「どういうやり口?」と興味を見せる。

トークテーマである「私が子育てで困惑した瞬間」では、さんまが「うそをつくな」が子育てのルールだったと明かすと、くわばたから「誰が誰に!?」とさっそく口撃を受ける。

その口の上手さが似たのか、くわばたは息子が「機転が利きすぎることが不安」と告白。大人に怒られたときに、息子が発した“うまい返し”にはママたちが「頭がいい!」と大絶賛される。

くわばたの息子と自分が似たタイプだと感じたさんまは、「将来はさんまか、詐欺師やな」と感心する。

関根は、子供から「自由って何?」と聞かれ、困惑したことを明かす。この悩みに、ほかのママたちも大いに共感していると、4人の子どもを東大に合格させた“佐藤ママ”こと、佐藤亮子が「〇〇が大事」「自由は〇〇じゃない」とスパッと回答する。

一方、全米最優秀女子高生の母・ボーク重子は、アメリカのお受験事情を説明。ところが、その極端な例に佐藤ママが反論。呆れたさんまが、二人に退出を命じる場面も。

なーちゃんは、「言葉が乱暴になるから」と子共には一切、YouTubeを見せていないことを明かすと、ほかのママたちは驚く。それぞれスマホや、動画を子供に見せるかどうかは、頭を悩ませているよう。

しかしさんまは、それほどまでにテレビよりもYouTubeが人気であることのほうにショックを受け、「俺もYouTube始めようかな」と発する。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00223547-the_tv-ent


2
テレビ自体、オワコンだから、どんどん人材がネットに移行していってるのは悪いことではない


8
さんま単体youtubeより
たけしと一緒に
テレビでできない事やってほしい


9
まあただ喋ってるだけで再生数は行くと思うよw 
言うても有名人は有利


10
さんまは10時間耐久漫談とかやったらいい



Pickup!

11
とうとう値を上げたか 明石家さんチャンネルはじまるっよ


12
テレビからYoutubeに舞台が変わるだけで内容は何も変わらない


13
さんまの手のひら返し流石やで


14
手の込んだ宮迫擁護だわ 本当によっぽどの何かがあるんだろうな


16
さんまなら、1時間番組でカットされたやつでも
流しておけばいいんじゃない?


20
松本人志がユーチューバー始めたら200万人いく


21
YouTuberデビューはさすがに冗談だろ?w


23
宮迫とのコラボか


25
ジジイは引退しろ


26
さんまが始めたら宮迫は秒で忘れ去られるな


29
前はネット自体を敵と見なしてたけどスタッフ食わせたいからとネトフリドラマに関わったよな?
スタッフ連れて番組作れると知ったら態度変えると思うよ


30
テレビ出ながらだといもしないスポンサーに気を遣いながらになるから制約あるようなもんだよな
どっちかに絞れ


31
大物の介護接待、偏向報道やこの後すぐを未だにやってるテレビよりYouTubeのがまだマシ


33
YouTuberになった宮迫にさんまが激怒というネタ記事を信じる馬鹿が多いのを気にしてそう


36
YouTube批判してなかったっけ?


37
さんまは最近ふわふわしとるな
もうおとなしくしとけばええのに


40
さんまってピンでトーク出来るのか
雛壇とかゲストをイジらなくても純粋に一人トークだけで笑いを生み出せるのか


44
>>40
一人でなくたっていいだろ
ユーチューバーは一人でやらないとダメって決まりはない


46
YouTubeは犯罪タレントや問題タレントの溜まり場


50
20年くらい前の松本なら喜んで飛び込んだだろうが今はな


51
エガチャンネル凄いことになってるな

テレビに出れないやつがどんどん進出してくるから、いままでよりもっと競争激化するだろ


54
さんまも時代遅れ 古いギャグ、通じなくなってきた


55
YouTuberをテレビに出してYouTubeの宣伝をしてる日テレ


56
さんまがやるにしてももう金目当てじゃないだろ


60
さんまは見ててつらくなるほどつまらないからやらなくていいよ


68
24時間しゃべりっぱなしでいられる化け物


72
>>68
こういう病気の人いるけどな


69
そう遠くない地上波引退後にどうぞ


70
絶対やるわけないしやれないよ
もし再生回数が伸びなかったらさんまの求心力がなくなる
だいたいさんまがYoutubeでやれることなんてないだろ


74
そこでは江頭に勝てないと思う。


76
たまにオリラジ中田がYouTubeで書評みたいなの喋ってるけどあれ又吉がやれば一気に人気チャンネルになると思うわ
あと綾部が謎のニューヨーク生活を垂れ流すだけでも結構みんな見ると思う
ピースは二人ともYouTube向いてそうだけど全然やらないな


95
>>76
やればいいのにな
特に又吉の書評はいける気がする


78
さんまよりジミーや村上ショージがやった方が面白そう


80
やりたきゃやればいいよな
去る者は追わず、来る者は拒まずそれがYoutube


83
新規に始めなくてもいいとものタモリとのトークを公式で上げてくれれば見る


17
宮迫を守るために
自分の信念曲げてYouTube発言してるんやで



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.so/mnewsplus/1582032711/

11 コメント
  • 1: 2020/02/19 01:02:18
    手のひら返しは別にいいけど、過去のTUBE関係での暴言は反省して謹んどけよ。イキリはおもしろければいいけど、鈍ったのか完全に不快なこといってるやん。女に媚びるなとかイキってたのどこに消えたんだろうな。
    まぁ面白ければいいよ。あと反社はTUBEは嫌ってるから、少しは浄化にいくかなぁ?それとも逆にとりこまれるのか。
  • 2: 2020/02/19 01:03:29
    さんまを支持してるのってほぼほぼ中年以降の男だけやろ

    若い女でさんまのファンとかマジで聞いた事ないしな

    この数年(スマホの普及)でマジで一気に世の中変わったで
    今後数年でもっともっと変わるやろけどな
  • 3: 2020/02/19 01:29:02
    ※1
    TUBEって略されるとTUBEの話してるかと思っちゃう
    YOUTUBEとTUBEは棲み分けが必要
  • 4: 2020/02/19 02:51:16
    若い人は、さんまが漫談家なの知らないんだな
  • 5: 2020/02/19 02:53:05
    BIG3やダウンタウンがやっても江頭レベルは無理だろうな。うまく行ってヒロミやカジサックレベルでだめなら所ジョージや草なぎレベルで終わる。能力の問題というよりもマーケティングの問題。マツコや有吉でもキツイだろうな。残酷な世界だと思うわ
  • 6: 2020/02/19 02:57:45
    さんまのまんまは ネットでもできそうな感じがする
  • 7: 2020/02/19 03:49:57
    さんまの喋りが面白くないという人が増えていることに、時代が変わっていくんだなと思う。
    今の芸人なんか素人の悪ふざけぐらいしか見えないのに、それが超受けている。
    auのCMなんてどこがいいんだろう?と思ってしまうのに、人気がある。超幼稚な内容なのに。
    53歳には理解できない・・たけし・タモリはお笑いやめたみたいだが、さんまはまだやめていない。がんばれ。
  • 8: 2020/02/19 04:57:26
    テレビ局の解体と電波オークションまだかな ?
    格安で各サイト運営者に販売するよう総務省に働き掛けないと
  • 9: 2020/02/19 05:17:11
    付き人やってたジミー大西が鬱になったレベルで
    さんまはオフの時も人が居るとずっと喋ってるらしいから
    寧ろつべ向きだ思う
  • 10: 2020/02/19 10:03:51
    *9
    そう思う
    焼肉屋で喋りっぱなしで肉殆ど食って無くて自分の卓上がツバ飛びまくってるの草
  • 11: 2020/02/19 10:29:51
    あんだけYouTube反対して若手にも見るな出るな言ってたのにYouTuberになったら軽蔑するわ
コメントする
名前
コメント

オススメ記事
最近の関連記事

カテゴリ「芸能・TV・エンタメ」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。