カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧
注目の記事
download.png

1

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)で国内初の死者が出るなど、感染拡大が止まらない。
現時点で特効薬はなく、感染を最小限に抑えるには、症状がある人がむやみに他人と接触しないかどうかが一つの鍵になる。
ただ、日本には「簡単に仕事は休めない」という風潮が根強く、専門家はそれが感染を広げかねないと警鐘を鳴らしている。

◆「休むと職場に迷惑かける」

「新型肺炎になったと感じても、微熱や軽いせき程度なら会社に行くと思う。
休むと職場に迷惑をかけてしまうから」。東京都西東京市の男性会社員(52)はそう話した。

先月十五日に国内で初めて感染が確認された新型肺炎は、新たな局面に入った。
今月十三日に神奈川県の八十代の女性が死亡。その義理の息子で都内に住むタクシー運転手(七十代)や、和歌山県の五十代の男性外科医らの感染も判明した。
発生源である中国の湖北省に滞在していた人や、横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客らにとどまらず、より広がっていると考えざるを得ない状況になっている。

感染した場合、微熱やせきといった初期症状が現れる。
その段階で出勤などすれば、電車内や会社で同僚らにうつしてしまう恐れがあるものの、冒頭の会社員のように多少体調が悪くても無理をして働きに出る人が少なくないとみられる。

◆ネット調査で「インフル治る前に出勤」が22%

こんなデータがある。養命酒製造(東京都渋谷区)が昨年十月、二十~五十代の働く男女を対象にインターネットで実施した調査(有効回答数千人)では、一昨年十一月~昨年二月ごろにインフルエンザにかかった人のうち、治る前に出勤したのは22・1%。
全体の3・7%が上司や同僚から「仮病じゃないの」「なんだったらこのままずっと休むか?」といった嫌みを言われるなどした経験があった。

職場以外の場所で仕事をする「テレワーク」が普及していないことも背景にあると考えられる。
総務省が全国の企業などを対象に行った調査によると、一昨年九月時点で導入していたのは19・1%。
そのうち、電車内やカフェなどで作業をする「モバイルワーク」が63・5%を占め、「在宅勤務」は37・6%だった(複数回答)。

◆医師「症状あれば仕事休んで」

厚生労働省はホームページで、感染が疑われる場合、十四日以内に湖北省や浙江省への渡航歴などがなければ近くの医療機関を受診するのを勧めている。
ただ、感染を恐れて多くの人が押し寄せると、医療機関の側が受け入れきれなくなる。高齢だったり、持病があったりする場合を除けば、安静に過ごすのも選択肢の一つになる。

仮に医療機関で受診して陰性だったとしても、感染していないとは限らない。
ウイルスが検出されない場合もあるからだ。
このため、首都圏の複数の病院などで総合診療に当たっている木村知医師は「症状がある場合は仕事を休んで外出を控え、自宅で二、三日様子を見る。
そのまま免疫で治ればいいし、悪化するようなら医療機関を受診すればいい」と説明する。

◆弁護士「休んでも生活が保障される法整備を」

「仕事は休めないもの」という風潮を変えていくことも必要になる。
労働問題に詳しい佐々木亮弁護士は「会社は社員が安心して休める体制にし、休むと賃金減に直結する非正規労働者に対しては、生活が保障される法整備が必要。
社会全体が仕事を休むことに寛容になるべきだ」と提言した。

(全文)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202002/CK2020021802100054.html


2
奴隷の国特有だなw
中華より蔓延しそう


3
ガチでコロナウィルスとインフルエンザでブラック企業滅べよwww


4
風潮とかじゃなくてさ
技術屋は現場でないと話にならんのよ
現場にいなくていいやつははじめからいなくていいやつ


137
>>4
ひとり休んだら現場回らないってもうその会社潰れる寸前だろw



Pickup!

6
「ちょっと熱っぽいんですけど」と言えば余裕で休ませてもらえるよ。今なら。


54
>>6
> 「ちょっと熱っぽいんですけど」と言えば余裕で休ませてもらえるよ。今なら。

感染発覚→その日のうちに「ビル管理法」→全員撤退→大損失

だからな。


7
オズラさんも休めないって言ってた


8
風潮で休めないわけじゃないです


11
いや休めよ


13
どんどん拡散させればいいじゃん
テロとまではいかないけど、社会に対するささやかな復讐


15
ガキじゃないんだから、自分が決めろ
休むな、休め、どっちでも決めろよw


16
だって風邪薬のCMで思いっ義理歌ってるもん
風邪でも休めない人のためにって


20
体調不良でも強行出社してくる奴は無能という風潮をつくればいい


23
世界に誇る日本の疫病蔓延システム
それが「ラッシュアワー」


24
日本の会社がファーウェイ以下になってるのに奴隷待遇に気が付かない


26
ブラック企業は即止めろ。


29
非正規雇用者は休めばその分給料減るので死活問題
新型コロナ感染していても多少熱あるぐらいなら
他人に感染させようがそんなこと知ったこっちゃなく
当然出勤する


62
>>29
その通り
そして、この非正規労働者を積極的に押し進めたのは下痢野郎、自民党、経団連だ


74
>>29
だな。それでみんなに感染して会社潰れてもどうせ社員じゃないんだから
別の仕事探せば良いだけ。


30
仕事を選ぶか、ウイルス拡散を選ぶか。
難しい選択だな。


31
オレは病み上がりで出社するでー!
病み上がりで映画観て外食行くでー!


33
症状出て無くても羅漢しててウイルスばらまいてる可能性


39
ブラック企業殲滅ウィルス


59
>>1
奴隷ですもの
奴隷は体調に関係なく利益の為に働かされる


65
おっとNTTデータをディスるのはやめるんだ


70
どの道詰んでるわけだ。


72
どっかの会社が潰れたら少しは気付くだろう


19
これを機に考え直した方がいい



http://ai.2ch.sc/test/read.so/newsplus/1582042451/

19 コメント
  • 1: 2020/02/19 07:36:25
    別に構わん!自業自得だろ!
  • 2: 2020/02/19 07:39:28
    風邪でも絶対に休めないあなたへ(症状抑えるだけで治ってねえけどな。まあせいぜい周りにうつしまくってウチの売り上げに貢献してくれや)
  • 3: 2020/02/19 08:09:28
    インフルエンザが蔓延して学級閉鎖になるのも親が休ませないのが大きな原因だからなあ。
    日本人の奴隷根性は、ほんと害悪。
  • 4: 2020/02/19 08:21:50
    会社勤めだと休めても一日くらいだよなあ
  • 5: 2020/02/19 08:30:41
    ブラック企業の終わりの始まり、、、なるのか?
  • 6: 2020/02/19 08:37:18
    うちはマシな方だな
    上長がインフルで一週間休んでたから
  • 7: 2020/02/19 08:44:49
    考え直せと言っても
    法律決める上級の連中は
    「俺は嫌な思いしてないし」
    だから決める気なんかさらさらないだろ
  • 8: 2020/02/19 09:06:58
    本当に法律作る官僚は熱出ても休めないから、他人が休みやすくなる法律なんか嫉妬で作れんわな
  • 9: 2020/02/19 09:20:41
    派遣が休んで業務進行停止
  • 10: 2020/02/19 09:32:11
    常駐先のオフィス、入り口にアルコール消毒機が置いてあって「入館前に消毒して下さい」って書いてあるのに、殆どの人が消毒してないって時点でお察しだわ。
  • 11: 2020/02/19 10:04:45
    政府の対応を批判してた人が、自分は会社の上司の指示に逆らえず出社してたら、こんな皮肉な話はないわな。
  • 12: 2020/02/19 10:07:07
    だって休んだらサービス悪いってお前ら怒るじゃん
  • 13: 2020/02/19 11:15:12
    日本なんぞウイルスで滅びたらいい
  • 14: 2020/02/19 11:29:51
    休業補償もないし、多少熱があっても頑張るしかないよ
  • 15: 2020/02/19 11:59:27
    休んじゃダメなんて言ってない
    有給を使って休めと言ってる
    使わないで休んでも良いけど評価下げるぞ
  • 16: 2020/02/19 13:27:24
    さすが自民様だわ国民を絞る取る道具としか思ってないわ
  • 17: 2020/02/19 15:33:24
    考え直すの遅い…遅くない?
  • 18: 2020/02/19 15:35:03
    お前だけ病気になるよりみんなでなったほうが平等だもんな
  • 19: 2020/02/19 18:03:42
    流行肺炎で休むなら病院で診断書を書いてもらえばいいだろ?
コメントする
名前
コメント

オススメ記事
最近の関連記事

カテゴリ「社会・仕事・就職」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。