カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧
注目の記事
images.jpg

1

「ヨガ」と「離婚」で「ヨガ離婚」。誰も聞いたことのなかったこの言葉で離婚が報じられ、片岡鶴太郎が世間に衝撃を与えたのは今から3年前のことだ。

起きてすぐに3時間ヨガを行い、それから2時間かけてゆっくり朝食をとる。このルーティンを毎朝続けているうちに、38年連れ添った妻とも疎遠になってしまい、2017年3月に正式に離婚した。ちなみに、本人によると、離婚の直接の原因はヨガではなく、夫婦がお互いにやりたいことを選んだためだという。

80年代にテレビで活躍していた彼の勇姿を見ていた人の間では「鶴太郎、どうしてこうなった!?」という声が強い。

そんな彼が俳優、書道、水墨画、ボクシングを経て、ヨガにたどり着いたのはどういうわけなのか。明るく陽気な「鶴ちゃん」が、『スト2』のダルシムもビックリの「ヨガマスター」になってしまったのはなぜなのか。その生い立ちから振り返ってみたい。

1954年、片岡鶴太郎は東京都荒川区に生まれた。両親と弟との4人で四畳半一間のアパート暮らし。貧しい家庭に育った鶴太郎少年の唯一の楽しみは、父親に寄席に連れて行ってもらうことだった。

鶴太郎は寄席に行くたびに落語を覚えて、友達の前で披露したりしていた。彼が特に魅了されたのがモノマネ芸だった。当時、人気が全盛だった声帯模写(モノマネ)芸人の桜井長一郎は憧れの存在だった。



高校卒業後、鶴太郎は弟子入りするために喜劇女優の清川虹子の家に押しかけた。だが、本人が不在で追い返されてしまった。あてが外れてただの無職になってしまった彼は、現実逃避のために疲れるまで近所を走り回り、家に帰ると自分で作った大量のプリンを食べまくるという毎日を送った。このエピソードにも、何もかも人一倍過剰にやってしまう「鶴太郎感」がにじみ出ている。

「このままではいけない」と一念発起した彼は、声帯模写を専門にする片岡鶴八に手紙を書いた。いきなり押しかけても弟子入りはできないということを学んでいたのだ。しばらくして鶴八から電話が来て、鶴太郎は弟子入りを認められた。根っからの寄席好きだった彼にとって、寄席に出入りできる修業生活はこの上なく楽しいものだった。



『オレたちひょうきん族』で鶴太郎の運命が変わる瞬間があった。当時大人気だったマッチ(近藤真彦)のモノマネをやることをスタッフに要求されたのだ。鶴太郎がマッチの衣装を着て歌っていると、後ろで爆竹が破裂したりセットが破壊されたりした。その中で歌い続ける彼のけなげな姿が評判になった。このネタで鶴太郎の人気は急上昇。生放送に出るだけで女性客から黄色い歓声が飛ぶようになった。

その後、鶴太郎は若手芸人の出世頭となり、『鶴ちゃんのプッツン5』『笑っていいとも!』など数々の番組にレギュラー出演。彼が言い始めた"頭の神経が切れて正常な判断ができなくなる"という意味の「プッツン」という言葉は流行語になった。MCを務めることも多く、寝る間もないほどの忙しさを味わった。しかし、多忙な日々の中で鶴太郎は自分の限界を感じていた。

そんな中で、ドラマ『男女7人夏物語』への出演をきっかけにして俳優業に本格的に打ち込むようになった。役者として演じられる人物の幅を広げるためには、だらしない体を絞らなくてはいけない。そのために新たに始めたのが、以前から興味があったボクシングだった。鶴太郎は役者とボクサーとして30代を駆け抜けるように過ごした。



そして今から5年前、鶴太郎はヨガにたどり着いた。ヨガに目覚めたきっかけは、偉大な先人たちの書物を漁っているうちに、瞑想というものの重要性に気付いたからだ。ヨガに明け暮れているうちに、インド政府公認のヨガインストラクターの資格を取得。もともと長く別居していた妻とも正式に離婚してしまった。

好奇心と探究心が人一倍強く、好きなものにはどこまでものめり込んでしまう鶴太郎。お笑いの世界で成功することができたのも、その探究心のおかげだ。

本当に「プッツン」しているのは鶴太郎ではなく、彼のように好奇心旺盛な人物をついつい色眼鏡で見てしまう私たちの方なのかもしれない。
View post on imgur.com

View post on imgur.com


全文は下記
https://news.yahoo.co.jp/byline/larrytoda/20200810-00192018/


2
昔と今でガラッとイメージが変わったと言えば

鶴太郎と
長渕だろうな


128
>>2
松本人志


197
>>2
稲川淳二が出川のような熱湯風呂リアクション芸人だった事を、若い人たちは知ってるだろうか。



Pickup!

5
和製ダルシム


6
>1
太田プロのお荷物


9
こういうお笑い捨ててイケメン面する奴は理解できんわ


196
>>9
ヨガマスターはお笑い芸人の究極だろ


255
>9
女にモテると思って始めたんだろ全部
お笑い→役者→ボクシング→アート→ヨガ
何してもモテなかった
結局、女はイケメンか金持ってるかで判断すると老人になってやっと気付いたのでは


319
>255
モテる為でも俺は無理だ
面倒臭くて


10
正に独りヨガり


145
>>10
俺は評価する👍


417
>>10
書こうと思って来ました


11
くにへかえるんだな
おまえにもかぞくがいるだろう


14
お笑い芸人→芸術家→ヨガマスター

ジョブチェンジが凄いな


20
>14
ボクシングトレーナーが抜けてる


381
>14
俳優時代が一番良かった


15
好きなことやってそれで飯食えてるならそれでよくね?


19
火吹けるようになってからマスター名乗れ


27
離婚はいいけど、晩年をどう迎えようと思うのかは聞いてみたい。


29
クンダリーニが覚醒して、後戻りできなくなったんだろ。


31
まぁヨガやって長生きする事は無いよな。何でも適度が必要。


35
芸能界に生き残るためにボクシングや芸術をするのはまだわかるが、ヨガをやろうと思うのはぶっ飛んでるな


46
>>35
芸能界で生き残ろうなんて思ってないだろ
金は充分あって好きなことにのめり込んでる


36
枯れ木


39
この画像何だよ…


51
これでめっちゃ長生きして病気にもならなかったらヨガの効果を研究しても良いのかもね


432
>>51
人生の前半を小太り不摂生で過ごしてるから
その分差し引かないと。


62
そのうち服だけ残して天に上るんだろうな


66
ボクシングのそこそこ大事な試合で
セコンドについてたほうが謎だろ


126
>>66
そこそこどころちゃうよ
鬼塚と畑山の世界戦のセコンドついとるよ


71
手足伸ばしたり火吹いたり空中浮遊したり瞬間移動したり


79
もう仙人みたいになっとるし



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.so/mnewsplus/1597026508/

14 コメント
  • 1: 2020/08/10 16:25:59
     
    なぜか草津に片岡鶴太郎美術館。
     
  • 2: 2020/08/10 16:46:52
    俳優やれよ。あのうさん臭さと嫌悪感出せる奴は中々いない。
    といいたいが、そもそも日本邦画死んでてやっぱ需要ねぇーわ
  • 3: 2020/08/10 17:01:47
    売れっ子筆頭芸人??
    鶴太郎はひょうきん族の頃は、周りの天才と自身を比べて劣等感の塊やったぞ
    芸人から逃げるように俳優になり、芸人は汚点だったと言うようなこともかつて言っていたこともある
    俳優鶴太郎が確立されるようになってから、やっと芸人だった頃のネタも言ったりするようになったが
    何かに縋るようにのめり込むようになったのではないかと邪推するね
  • 4: 2020/08/10 17:02:02
    昔の出川みたいなイジられキャラだった頃は面白かった
    お笑い芸人としてはあれがピークだったな
  • 5: 2020/08/10 17:04:34
    鶴太郎と言えば熱々おでん
    鶴太郎が元祖みたいなもんだからな
  • 6: 2020/08/10 17:43:26
    ヨギーは究極の自己中
    離婚・不倫が多い
    自らなにも産みださないのに、へりくつばかりこねて肉はダメー無農薬ーとか
    まわりの助けになることを考えたら、汗水流して働くでしょうよ
  • 7: 2020/08/10 17:43:48
    元々自分の無い人なのかね。芸術に走ったあれも実篤のフォローでしかなかったし。
  • 8: 2020/08/10 18:50:02
    ヨガやってるけど、のめり込みすぎて仕事辞めたりインスタントラクターと不倫して離婚する人いっぱいいる。
    結局自分をコントロール出来ずに欲望に暴走してるんだよね。
    何事もほどほどがちょうど良いんだよ。
  • 9: 2020/08/10 19:09:40
    自分の興味のままに生きてるだけなのか
    自己評価が高すぎて通り一遍の評価や称賛では満足出来ずに
    最後には現実世界の外の価値に手を出すタイプの人なのか
  • 10: 2020/08/10 19:16:08
    サポートが出来ないのにセコンドになるのは選手がかわいそう。
  • 11: 2020/08/10 19:23:02
    テレ朝の刑事ドラマはそこそこ好きだわ
  • 12: 2020/08/10 19:28:59
    世間にリアクション芸を認知させたのは鶴太郎が嚆矢なんだよな
    続けてたらダチョウや出川より芸人らに尊敬されてたろう
  • 13: 2020/08/10 20:36:21
    ある意味『古き良き芸人の象徴』みたいな存在よな

    何をやっても二流以下で中途半端なのに事務所の力でそれなり風に世間的には見えてるパターン

    我流書道とかってまだ誰もやってない頃に始めたから批判は少なかったが
    そのレベルたるや何年続けても完全に素人のレベルから脱してなかったしなw
    普通にセンスある奴なら最初の作品でコイツの最高傑作よりずっと見栄えするモン書けるマジでw
  • 14: 2020/08/11 01:37:07
    >本当に「プッツン」しているのは鶴太郎ではなく、
    >彼のように好奇心旺盛な人物をついつい色眼鏡で見てしまう私たちの方なのかもしれない。
    は?
コメントする
名前
コメント

オススメ記事
最近の関連記事

カテゴリ「芸能・TV・エンタメ」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。