カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧
注目の記事
51.jpg

1

加藤「夫人から自宅に電話がかかってきて。『あなたの部屋が完成しました。いつ来てもいいですよ』という言葉を聞いたときは驚きました。すぐに家族会議を開いて“まずはよく考えよう”と。でも“貴重な経験になるからありがたくお受けしよう”と決めました。一緒に暮らすようになって1年4カ月がたちますが、毎日が新鮮です」

View post on imgur.com


黒髪が印象的な21歳の現役大学生・加藤万里奈さん。彼女が語る“夫人”とはあのデヴィ夫人(80)だと聞けば、驚かずにはいられない。

もともと知り合いだった2人の同居のきっかけは加藤さんが実家のある茨城県水戸市から片道3時間かけて通学していることを知った夫人の“私の家から大学に通えばいいじゃない”の一言だった。都内の高級住宅地にある夫人の別宅をリフォームし、彼女のための寝室も用意されたのだ!

夫人「一緒に住むのは楽しいですよね。私、スマホの使い方がわからないんですけど、LINEも彼女がやってくれるので助かりますし」

加藤「血の繋がりがあるわけではないですし、最初はなぜここまでしてくださるのだろう、と信じられませんでしたけどね。私の実家に来て母とも話してくださいましたし。母とはちょくちょく電話や手紙のやりとりをしてくださって」

2人の出会いは約7年前にさかのぼる。

加藤「たぶんバラエティ番組『イッテQ!』を見たのかなあと思いますが、中学1年生のころからずっと夫人が大好きでした。夫人を見た瞬間、“この方に会わなきゃいけない”と思ったんです。顔が好きとか、そういうことでない、インスピレーションみたいなもの。“会ったら、きっと私の人生が大きく変わる!”って思いました。周囲は冷ややかに見ていたと思います。あるとき、将来の夢を発表することがあって、『デヴィ夫人に会うことが私の夢です』と言ったら、先生から『現実的でない』と注意されたこともあります」

まだ中学生だった彼女は、夫人に会うため、SNSを駆使して夫人の行動や交友関係をとことん調査。夫人と友人だという人がいれば、迷わず会いに行ったが、無駄足のことも少なくなかったという。しかし、努力のかいあって、数年後、夫人が開催したパーティに潜入することに成功した。

夫人「初対面は、うるさいコだなあという印象でした。私、好きじゃないですよ、うるさいコ(笑)」

加藤「でも、それは私の戦略だったんですよ。そのときは、たとえ嫌われてもいいから、夫人の記憶に残ることをしようと決めていましたから。話題になるネタをいろいろ集めて、会った瞬間から話が途切れることのないようにしゃべり続けました(笑)」

夫人「悪く言えばストーカーですよね(笑)。ただ、その積極性と行動力は素晴らしいと思います」

夫人の目に留まった理由には、加藤さんが、口笛奏者という顔を持つこともあるだろう。

加藤「口笛を始めたのは14歳。それまではあまり吹いたことがなかったんですけど、口笛を吹き始めて7カ月で世界一になりました」

夫人「私、米国の少年の口笛演奏を聴いたことがありました。ただ、彼女の口笛を聴いたとき、日本にもこんなに吹けるコがいるんだ! と驚いて。クラシックミュージックを非常に上手に吹きますので、才能のあるコだなと思いました」

夫人のパーティで口笛の演奏を披露するようになった彼女は、昨年、夫人が名誉会長を務める「イブラ財団」の招待で、ニューヨークのカーネギーホールで演奏会を開催。日本人口笛奏者として初の単独公演を成功させた。

加藤「夫人と出会わなければ決して経験できなかったと思います。ニューヨークの夫人のお宅に泊まらせていただきましたし、すごい体験でした(笑)」

夫人「私はあなたにとって“足長おじさん”みたいなものかしらね」

(略)

実の娘・カリナさん(53)はお孫さんとともに現在オランダ在住。夫人は、万里奈さんを「第2の娘」のような存在だと話す。加えて、夫人は自分の若いころに加藤さんが重なる部分もあるようで……。

夫人「彼女は私に会うんだという執念を持ってまっしぐらに突き進み、実現させたわけです。いちずに何かを思い続けるところ、あと、大胆な振舞いが似ていると思います。今後は、口笛奏者としてどうありたいかとか、これからのことを考えたらいいんじゃないかしら」

加藤「竹馬も好きで、来年、竹馬でギネス記録を目指したくて。あとは馬術の世界大会も狙いたい。新しい挑戦を続けて、いつか夫人に恩返しができるような人間になりたいと思っています!」

https://news.yahoo.co.jp/articles/44a4d8e8f49eab755aae4c3880beaf968a145d8c


5
デヴィは80か


7
相続狙いじゃないの?


25
>>7
デヴィ夫人は普通に娘がいるし孫もいる


81
>>7
デヴィさんはそんなにカネ持ってないよ。



Pickup!

9
これはwin-win
どっちも助かるよ


13
野心と上昇志向だけでガツガツ生きてきたおばあさんに
野心と上昇志向だけのガツガツした小娘が取り憑こうとしている


84
>>13
のような感じで、ある意味一子相伝の技を継承というか、2代目襲名目指すのかもね。


14
激レアさんが目を付けそう


38
>>14
来週激レアの内容、これじゃなかったっけ?


16
デヴィ夫人の自発的行為に見せて、いちばん最初から糸ひいてたのは21のほうか・・


19
なんか昔の少女漫画の設定みたい


20
80なのか


26
この行動力は才能だよ
どんな道を選んでも成功するタイプ


27
どんな人なのかと検索したら
口笛演奏家って出てきた
なんだそりゃ


28
策士だな


31
一応口笛世界一とかいう肩書があるじゃん


33
女子大生には見えない、老けてるね
落ち着いててそこが良かったのか
こんだけ行動力あったら何でもできそう
すごいなー


34
>>1
どんなくだらん目標も達成できたら一目置かれるんだな
その行動力は凄いし物怖じしないのは羨ましい


36
正しい金持ちやなw


37
>>1
すげえなこの話


54
なぜ俺には上から降ってきて同居してくれるかわいい少女がいないのか


55
映画化希望


60
百合好きからしてもなかなかハードル高い設定だな


62
刺激になってボケ防止


21
行動力すごすぎて笑った



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.so/mnewsplus/1600823694/

4 コメント
  • 1: 2020/09/23 15:04:50
    コイツ本業は今はスパイみたいな情報屋や口利きだから身元とかはしっかり知った上でなんか腹案あるんだろうな。
    問題は何が目的で目立とうとしてるのかだな。もちろんこの記事も関連組織にまとめ記事を書けって命令してるんだし。

    まぁ口笛奏者って珍しい人材に恩着せて自分のスパイに育て上げようとかそのへんかな。音楽業って密輸にスパイに政治工作の中核構成員みたいなところあるしな。
  • 2: 2020/09/23 17:08:06
    ただのババ専ってことで
  • 3: 2020/09/23 17:24:15
    色々言われるけど自立した女性として尊敬できる
  • 4: 2020/09/23 21:14:10
    第二の娘じゃなく、ひ孫娘だろ なに若ぶってんのよ
コメントする
名前
コメント

オススメ記事
最近の関連記事

カテゴリ「芸能・TV・エンタメ」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。