カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧
注目の記事
51.jpg

1

20歳のYouTuberティモシー・ウィルクス氏は今月5日、テネシー州ナッシュビルのファミリー向けトランポリン・アドベンチャー施設の駐車場で、自身のYouTubeに投稿するためのイタズラ動画の撮影を行った。その内容は、ウィルクス氏とその友人らが肉切り包丁を持って、通行人を恐喝するというもの。

ところが動画撮影中の9時20分頃、恐喝された通行人グループの一人である23歳男性が身の危険を感じ発砲。撃たれたウィルクス氏は命を落とすことになったのだ。

『WKRN』によると、23歳男性は「イタズラであることは知らなかった」と供述。現在まで起訴はされておらず、警察は正当防衛に該当するか調査しているという。

全文は下記
https://news.yahoo.co.jp/articles/6705db3ee9343c217ba66c1f7626870f3da7a553


3
死んで当然だ


6
当然そうなる


7
正当防衛だろこんなもん
ドッキリとかこいつしか知らんことだし



Pickup!

8
日本のやつもやられれば面白いのにな


9
イタズラだから包丁持って恐喝して良いなんて無いからな
しかも他人ならこんなん当たり前


10
アメリカ人て普通に銃を持ち歩いてんだな


14
我が国もかくありたいものだな


15
「動くな」って言われて止まらなかっただけで
射殺されても仕方ない国だし


16
通行人にやっちゃ瞬間的に報復されるわw
平和だなアメリカって


17
ピストルで撃たれて死んで有名になると言うのが皮肉だな


18
しかし銃社会でよくやれるな
自分だって肉切り包丁で襲われたら撃つだろ


20
ダーウィン賞有力候補だな


22
何がドッキリなのかわからん犯罪だろ


29
やられる側はドッキリじゃ済まんだろ


31
自虐的な日本ではユーチューバーがドッキリされる側になるのが多い


<
36
ちゃんと仕込みしろよバカじゃねえの
そりゃ撃たれるわ


37
武器もって脅してる時点でなにもなくてもどっきりで許されるのか


41
無関係の一般人を巻き込んではそりゃ迷惑だわな
そもそもいたずらだから許されるという考えが駄目だな


42
全米ライフル協会<銃を所持してたおかげで助かったな


43
おめでとう


46
正義すぎてワロタw


48
167
>>48
命あって良かったなw


49
妥当なユーチューバーの末路


51
これからはユーチューブ撮影には自衛用にアサルトライフルが必要だな


53
撃たれてみた


55
普通にピストル持ち歩いてる一般市民がいるんだな


62
どっちもガチでやってていいね


64
映像はのこってるだろうから
正当防衛になるだろ


67
一般人の拳銃所持は護身用だろうからな


72
こりゃ撃たれても仕方ない
悪ふざけも程々にしないとな



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.so/morningcoffee/1613008483/

9 コメント
  • 1: 2021/02/11 17:33:35
    ほっこりニュース
  • 2: 2021/02/11 17:39:33
    逆ドッキリ大成功!!
  • 3: 2021/02/11 18:10:15
    USA! USA!
    日本もこれでいこう
  • 4: 2021/02/11 18:28:49
    正直包丁でいきなり襲われた(ドッキリ)ら、ワイでも正当防衛で最悪殺してると思う
    やられてる側からしたら文字通り殺されるかどうかって状態になるしな
    下手したらわざわざ車で頭轢きつぶすまですると思う
  • 5: 2021/02/11 18:41:27
    迷惑系の動画は全て削除対象になれば誰もそんなの撮る人いなくなるんだし、さっさと規制すればいいのにな
  • 6: 2021/02/11 19:26:52
    あっちの馬鹿は日本とは格が違うな
    なんで銃社会でそんなことできんねん
  • 7: 2021/02/11 19:36:29
    ユーチューバーなんてゴミ殺されても問題無いやろ
  • 8: 2021/02/11 20:18:44
    「銃を持ってたこと」は問題になってないから撃ったほうはccwの許可済み(保安官に近い治安維持協力)だな。日本も導入すべき。
  • 9: 2021/02/12 04:02:01
    どっちも狂っとるね
コメントする
名前
コメント

オススメ記事
最近の関連記事

カテゴリ「国際・海外」の最新記事

カテゴリ「事件・事故・戦争」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。