カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧
注目の記事
4.jpg

1

「風呂にも入れない、料理もできない。これから寒くなるのに、ガスヒーターも使えない。もし実施されたら、とんでもないことだよ」

そう驚くのは、都内に住む指定暴力団関係者だ。

発端は9月上旬、東京ガスが一部契約者に向けて配布した「ガスのご契約内容に関するお知らせ」と題するチラシだ。そのチラシは、東京ガスが顧客に向けて一部の契約条項が変更されたことを伝える内容のもの。

そのなかに「お客さまには、自己又は自己の役員が、現在かつ将来にわたって暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、総会屋等の反社会的勢力に該当しないことを表明し、保証していただきます」と書いてあるのだ。

------省略------

「各県警は、暴力団の本部事務所や幹部らの自宅を把握している。だから、まずは組事務所のガスを止めるのではないか。組員の自宅は、家族や親戚名義で契約していることが多いからすぐには止められないかもしれない。でも、それも時間の問題だ。プロパンガスに代えることも厳しいだろう。いっそのことオール電化にしてしまったほうがいいかもしれないね」

今年の冬は、彼らにとって厳しい寒さになりそうだ。

暴力団員は10月から“都市ガス供給停止”も…約款変更でヤクザ界に激震! 弁護士は「嫌なら足を洗って」

全文は下記
https://smart-flash.jp/sociopolitics/156988


3
悪人よ震えて眠れ!


196
>>3
その震え方は違う


436
>>3
寒くてかよ



Pickup!

4
法の外に出たんたから保護されるわけない


284
>>4
ほんこれ


7
電力も時間の問題だな
水道は自治体がやってるからすぐにはやらないと思うけど。


8
カタギになれよ人の道外れた奴は人間扱い出来ないぞ


9
そうだ反射炉を作ろう


555
>>9はもう少し評価されてもいい


11
マフィア化待った無しだな


12
契約者に知り合いの名前とか使うだろ
身分証提示とか求めないからな

コンビニ払いにしてたら口座持たなくても支払えるしな

ガス屋につとめてたけど自動引き落とし拒む奴は反社か税金のがれの奴が多かった


27
>>12
それやると警察喜んで逮捕する


467
>>12
その知り合いも「暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、総会屋等の反社会的勢力に該当」することになるだけだろ


198
>>27
なんの罪で?


13
ソーラー発電があるじゃない


14
やめればいいじゃん


16
こんなの絶対に無理。いくらでも逃げ道ある。やれるもんならやって見せて欲しい。ほんとにやったら尊敬するわ。


17
IHコンロでも使っておけ


15
電気でなんとかなるだろ



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.so/news/1631222096/

11 コメント
  • 1: 2021/09/10 19:25:55
    当たり前だろ
    死刑にされないだけありがたく思え勹ズどもが
  • 2: 2021/09/10 19:29:27
    オール電化ならへーきへーき
  • 3: 2021/09/10 19:35:05
    五右衛門風呂と薪ストーブで賄えるでしょ?
    電力は自転車こいで蓄電器に充電でw
  • 4: 2021/09/10 19:56:14
    オール電化にして下っ端に発電させればええやん
    自転車漕ぐとか健康的やで
  • 5: 2021/09/10 20:20:05
    これって電力会社も同調してなければ意味なくない??
  • 6: 2021/09/10 20:48:47
    フロント企業でガス事業すれば解決
  • 7: 2021/09/10 23:02:17
    ヤクザのオール電化
  • 8: 2021/09/10 23:09:28
    ヤクザ地方へ異動
  • 9: 2021/09/10 23:37:46
    こうして自給自足が始まりヤクザは農民となったのである
  • 10: 2021/09/11 04:18:40
    ヤクザだからって何でも規制していいわけではない。
    彼らだって社会の役にたってるからな。
  • 11: 2021/09/11 04:48:19
    田んぼかってソーラ化すればいいじゃん・水は井戸か山水引っ張ってくればいいし無敵だろ
コメントする
名前
コメント

オススメ記事
最近の関連記事

カテゴリ「日常・生活・マナー」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。