カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧
注目の記事
12.jpg

1



2




3

時代が変わるか


4

偉大な巨星がまた1人

謹んで哀悼の意を表します




Pickup!

5

うせやろ


6

ええ


7

ドラクエ終了じゃん


8

マジかあああああああああ


16

おお勇者よ....


17

代表作ドラクエって事でいいの?


68

>>17
帰ってきたウルトラマンも実はすぎやまこういち


18

新作の音楽どうすんねん!


20

残念


24

オリンピックで使われたのがレクイエムになったのか?


25

国民栄誉賞あげたかった


26

おお!しんでしまうとはなにごとだ!


32

ザオリク!


35

なーにホイミで生き返るさ


41

合掌


42

すぎやまこういちは我らゲーム音楽家4天王の中でも筆頭…
ご冥福をお祈りします。


48

ショック
ご冥福をお祈りいたします


49

日本でおそらく最も知られた作曲家だもんな
G1ファンファーレやドラゴンクエストのテーマ、一度は聴いたことはあると思うわ


50

DQ2のED曲は名曲


163

>>50
あれに歌詞つけた昔のダイの大冒険のED良かった


51

新作の音楽どうなるかなぁ


53

― 20年前にファミコンでサウンドをつくるのは、とても大きな制約があったんでしょう。
すぎやま―メモリの制約が大きかったですね。だから、オープニングとエンディングはなんとか3トラック使いますけど、中身は2トラックでお願いしますと。
当時はサウンドの時代で、プロの作曲家にゲーム音楽を頼もうとすると、メロディとハーモニーでしか勝負できなくて、サウンドでは勝負できないということで、そういう連中はみんな拒否したわけです。
「3トラックで音楽ができるわけがない」という声も聞かれたんですが、 僕から言わせると、「それは力がないからだ」ということになるわけです。
バッハの「フルートのための無伴奏パルティータ」は、フルート1本ですばらしい組曲ができてるわけです。あれは、1トラックなんだよね。
1トラックでも、メロディ、ハーモニー、リズムをぜんぶ表現できるということを、大先輩のバッハがやってるわけですから、「2トラックではできません」というのは、プロのセリフではないわけです。


91

>>53
カッコ良すぎる


56

ご冥福

90歳なら大往生といっていいでしょ
ドラクエは楽しかった
天空の花嫁はバイトした金でやったからな


57

嘘だろおい…


58

速報で初めてビックリした


60

世の中的にはドラクエなんだろうけど オッサンの俺にはイデオンな


64

五輪見れて良かったな


65

オリンピックやってよかったな
すぎやんへのいい冥土の土産になった


67

今年一番ショックかもしれない


69

ただのしかばねのようだ


74

しかし惜しい人を失ったな


77

そして伝説へ


31

最高の音楽をありがとう
ご冥福をお祈りします



9 コメント
  • 1: 2021/10/07 15:52:02
    すぎやまこういちってもう死んでなかったっけ
    堀井雄二だっけ?
  • 2: 2021/10/07 16:09:15
    晩年の老害化は見るに耐えなかったが
    商業作曲家としては間違いなく歴史に名を残した人だったな
  • 3: 2021/10/07 16:10:20
    ※1
    死んでるのはお前の記憶力だよ
  • 4: 2021/10/07 16:11:24
    ここまで日本と海外の反応が両極端な訃報も珍しいな。
  • 5: 2021/10/07 17:07:35
    今でも俺の中で最高のゲーム作曲家
    ロックもいいけど聴き疲れする
  • 6: 2021/10/07 17:29:33
    ※2
    最初にしょうもない一文入れんなよ
    人間性疑うわ
  • 7: 2021/10/07 18:20:30
    ドラクエシリーズの楽曲全て担当ってすげーな
  • 8: 2021/10/07 18:48:11
    今年一番のショック・・・
    で、後任は誰よ?
  • 9: 2021/10/07 19:04:29
    後任なんていらんやろ
    ドラクエは12で終わり。それでいい。
コメントする
名前
コメント

オススメ記事
最近の関連記事

カテゴリ「ゲーム・ホビー」の最新記事

カテゴリ「芸能・TV・エンタメ」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。