カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧
注目の記事
4.jpg

1

千羽鶴→送るだけで炎上
除夜の鐘→クレーマーによって消滅
年賀状→スマホに駆逐される


2
別に問題ないやろ


5
>>2
もんだいやろ
文化を切り捨てるわけやし


14
>5
必要ないと感じる人間が増えたならそんな文化いらんねん
アップデートしていけ


19
>14
増えたんじゃなくて少数のクレーマーが騒いだら辞める風潮が加速してんだよなぁ


24
>19
除夜の鐘に関してはそうやけど千羽鶴と年賀状は実際いらないと感じてる奴多いやろ特に若者は



Pickup!

4
ええんか?


7
>>4
心が貧しくなってる証拠やな


6
得しかないやろ


8
で?
なにか問題ある?


10
資料館でも作ってろ


12
千羽鶴→時と場合を考えろ
除夜の鐘→クレームは極ごく一部
年賀状→なくなって楽になった

別に問題ないんだが


20
文化は変化していくもんや


26
>20
日本人はなんか変化というか急に海外はー時代がー
とかいって急になんでもかんでも捨て始めとるわ


23
全部滅んで問題なくて草


25
千羽鶴は紙幣隠して贈るから価値あったのに勘違いしたやつがほんとうに鶴だけ贈りやがってる


28
全部割と最近の文化では?🤔


30
千羽鶴の文化的側面はともかくそんなものが有り難がられるメンタリティは現代とは全く合ってないよな
工芸品扱いでいい


31
除夜の鐘は単にやりたくないなぁって思ってるやつがクレーム来てやったぁ!って辞め時見つけただけなんじゃね
冬だし……やりたくないだろ


32
年賀状とかいうくだらない商売維持してる連中と一緒


33
千羽鶴はマジでホントに恥ずかしいからやめてくれ
日本の中でやるならまだしも他国に送り付けるとか日本の恥晒すだけやろ


34
これが資本主義や

全てアメリカ流になっていくんやで


36
てか四季も無くなってね?


37
さもしい人ばっかりや
時代の先をいってると見えて実は時代を逆行してる

文化を無駄だと切り捨てるのはそういうこと


40
じゃあ着物着てゲタでも履いてろよ


46
ハンコはよ廃止しろ


47
年賀状のどこが古来の文化や
年始の挨拶回りという文化を
郵便がすでにぶっ壊してたんやから
郵便かスマホかなんて大した問題じゃない


48
千羽鶴は送る相手によりけりやろ
赤の他人に送られてもそら迷惑やわ


51
>48
言うてクラスメイトから送られて嬉しいか?
退院したら捨ててええもんなんか?


53
>>51
嬉しいかどうかはともかく学生身分でできることって限られてるからなあ


50
お歳暮とかも無くしてくれや


52
千羽鶴贈りたい人って悪い意味で純粋なんだよな


54
日本にはペットボトルの蓋集めがあるから


56
千羽鶴なんて古来でもなんでもないだろ


65
>>56
日本の古くからあると思われてる物の多くが
近代に入ってからの文化なんよな


59
除夜はあってほしいわわびさび的に
千羽鶴みたいに物質的に邪魔になるもんではないし


60
別に新しい文化に取って代わられるだけやろ


68
千羽鶴も年賀状も近現代やんけ
あっさいあっさい歴史しかないもん文化呼ばわりすんなや


72
鐘と年賀状は時代錯誤って感じ
鶴は感謝の押し売り営業


81
逆にハロウィンに続いてイースターまで最近は祝っとるな



http://tomcat.2ch.sc/test/read.so/livejupiter/1650503378/

25 コメント
  • 1: 2022/04/22 07:05:48
    年賀状はお歳暮を近代になってから安価に置き直したものやで。今だとさらに簡略化してあけおめメールに置き換わってるんじゃないかな。
    千羽鶴は、戦争体験の物語由来だから最近だよね。送るなら戦後に慰霊碑が建つ頃だけど、北欧は鶴が死神扱いだからそこも考慮しないと。
  • 2: 2022/04/22 07:42:38
    ぐぐったら1955年からか千羽鶴
    年賀状は道具がはがきから変わっただけやし
    除夜の鐘はクレーマーさんがおる所だけしか無くなってない
  • 3: 2022/04/22 07:43:08
    お前ら誰かを叩きたいだけだからな笑

    お前らみたいな低能が文化を壊すんやで
  • 4: 2022/04/22 07:43:39
    昔は千羽鶴を他人に送らなかったやろ
  • 5: 2022/04/22 07:44:15
    無くなっていくのはことごとく悪習だからしょうがない
  • 6: 2022/04/22 07:54:07
    近所の寺の除夜の鐘は録音で流してたわw
  • 7: 2022/04/22 07:56:10
    ※5
    挨拶も満足にしない人が増えてるからこれもまた悪習だったんだな
    譲り合いをする人も減ってきているからこれもまた悪習
  • 8: 2022/04/22 08:00:37
    また炎上狙いのタイトルだけ記事か。

    こんな反日釣り記事ばっかり取り上げてるから、まとめサイトもマスゴミ同様オワコンになるんだよ。
  • 9: 2022/04/22 08:11:33
    無責任に変化だけ起こして、あと知らんぷりだよね 勝手に廃れてくから黙ってればいいのに
  • 10: 2022/04/22 08:14:03
    まぁ除夜の鐘辞めたところもある一方で、クレーマーなんざガン無視の正しい対応してるところも多い

    千羽鶴は、やった気にひたりたい頭の悪い奴が固執してるだけだろ
    プルタブやペットボトルの蓋集めて、ボランティア気分に浸る奴と同じ
    あれも、コストばかりかかって何ら世のためになってないのに、アタオカのために別に用意されたカネで車椅子買ってるだけだしな
  • 11: 2022/04/22 09:07:03
    20世紀に消滅
    ・学校のチャイム
    ・コミ収集車のオルゴール
    ・焚き火だ焚き火だ落葉焚き
    ・ホームドラマ
    ・勤勉と根性
    21世紀に消滅予定
    ・千羽づる・除夜の鐘
    ・共同浴場(同性にヨクジョーする人に配慮)
    ・公園
    ・子供と学校
    ・平和主義と日本国憲法
    ・日本そのもの?
  • 12: 2022/04/22 09:15:59
    年賀状はメールになっただけだし千羽鶴もTPOを弁えろってだけでなくなったわけじゃないな
    唯一当てはまりそうな除夜の鐘もなくなったのはクレーマーに屈したごく一部だけ
  • 13: 2022/04/22 09:19:46
    イッチは被災地に全国から送りつけられた大量の千羽鶴を見ても文化だから受け入れろと言うのだろうか?
  • 14: 2022/04/22 09:22:57
    そんなもんに縋ってどうすんのよ
  • 15: 2022/04/22 09:23:58
    正月にクルマの前に松とOFFだみたいのくっつける風習は復活して欲しい。
    なんとなく好きだった。
  • 16: 2022/04/22 09:50:38
    年賀状文化が廃れたのほんま助かる
  • 17: 2022/04/22 09:57:31
    除夜の鐘は草加
    まあ政権与党だから他宗教への弾圧はしゃーない
  • 18: 2022/04/22 10:03:14
    千羽鶴は入院したとしてクラスメイトから送られたら普通に嬉しいけどな
    顔が見える人ってことが重要なのかもしれないな
  • 19: 2022/04/22 10:06:14
    除夜の鐘が普及したのも昭和だろ
  • 20: 2022/04/22 10:44:47
    口語と文語っていうものがあってだな・・・文化っていうならそっからじゃない?
  • 21: 2022/04/22 11:34:28
    どんなに消そうとしても消えない日本文化はある
    他の文化に触れたとき優れていれば学んでどんどん取り入れる合理性
    それを完コピするわけではなく自分たちに合った形に作り変える合理性
    とにかく何でも理にかなってないと気が済まない気質、それこそが日本文化そのもの
  • 22: 2022/04/22 11:44:48
    ※1
    千羽鶴は一定期間が過ぎるか目的成就したら天に返すためにお焚き上げするもんだろ
  • 23: 2022/04/22 12:33:41
    とりあえず友達からだろうが千羽鶴貰ったらウザいとか言ってる人は多分貰うことないと思うから心配しなくていいと思う
  • 24: 2022/04/22 14:07:06
    愛国者なら、クジラ肉みたいに保護したれよ
  • 25: 2022/04/23 01:12:52
    しばらく続いたものが廃れるなんて昔っからあるだろうに
コメントする
名前
コメント

オススメ記事
最近の関連記事

カテゴリ「歴史・文化・芸術」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。