カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧
注目の記事
12.jpg

1





猫に噛まれて(引っ掻かれて)敗血症性ショックになった人も



2
136
>>2
40以上は破傷風ワクチン打ちましょう

カプノサイトファーガ感染症とは
この細菌は犬や猫などの口腔内に常在しており、犬や猫に咬まれたり、引掻かれたりすることで感染します。 症状は、発熱、倦怠感、腹痛、吐き気、頭痛などです。 重症化した場合は、敗血症や髄膜炎を起こし、播種性血管内凝固症候群(DIC)や敗血性ショック、多臓器不全に進行して死に至ることがあります。

国内のイヌの74~82%、ネコの57~64%がC. canimorsusを保菌しているというデータがあります。同様にC. cynodegmiの保菌率はイヌ86~98%、ネコ84~86%です。C. canisは近年報告された新しい菌種のため、現在調査中です。
いずれにしても、イヌ・ネコの保菌率が高いことから、全てのイヌやネコが保菌していると考えた方が良いでしょう。なお、これらの菌はイヌやネコの口腔内に常在している菌ですので、イヌやネコは保菌していても症状を示しません。
他の動物にも、その動物に特有のカプノサイトファーガ属菌が存在すると考えられますが、詳細は不明です。
感染事例の内容をみると、患者の年齢は、40歳代以上の中高年齢者が95%超を占めており、平均年齢は約64歳です。性別は男性が68例、女性が25例です。患者のうち、糖尿病、肝硬変、全身性自己免疫疾患、悪性腫瘍などの基礎疾患を有する方は約半数にとどまります。生来、健康な方でも感染・発症することが確認されています。
感染原因は、イヌの咬掻傷52例、ネコの咬掻傷20例、イヌ・ネコとの接触歴のみ18例、不明3例となっています。93例のうち、2011年以降の症例が68例で、本感染症の認知度の高まりや検査法の進歩によって確認される症例数が増えていると考えられます。しかしながら、把握されていない患者も多く存在していると推測されています



179
>>136
へー全く知らなかった


59
>>2
こわすぎ



Pickup!

6
まじかよ


9
9日で死んでしまうんだな


10
23
>>10
ネコに裁かれたんだな…


11
蔦って有名なラーメン屋だよな


113
>>11
前は巣鴨のホテル街にあった
あのラーメン屋


13
少し前にYouTubeで猫に噛まれて手パンパンに腫れて高熱出た人の動画見たような


18
猫(ライオン)


28
>>18
ほんこれ
猫ってサイズが小さいだけで中身はライオンだからなあ
ただ逆に言うと、ライオンはサイズが大きいだけで中身は猫とも言える


19
敗血症は死にやすい


21
どうせ老衰間近のジジイだろって思ったら43歳かよ
こわっ!


24
猫は野生でも生きていける


25
猫に噛まれると死ぬの?
怖いな


38
猫が本気で噛むか?


54
>>38
野良だと本気噛みもあるだろうけど家猫で本気噛みとかそうそうないよな


65
>>38
本気で嫌なことをされたらね


73
>>54
うちに前いた猫、野良経験ないし外にも出てないのにある時何かスイッチが入ったように姉の手を本噛みして姉が破傷風になりかけた
その時1回だけなんだが何が気に触ったのか分からん


41
激痛って事無いけど結構腫れあがる事はあるな


47
医者が甘い対応してしまったんじゃないかなぁ


82
9/13夜 飼い猫に手を噛まれる
9/14~16 店主怪我のため休業
9/17~18 営業
9/19 台風で休業
9/20~ 諸事情により無期限で休業
9/23 急逝


95
>>82
17と18日に持ち直したのに容態急変したのか


93
皮膚破るほど噛まれるってなにしたんだ


104
感染症だな
猫に噛まれたのとは違うけど足利義持は風呂で尻の出来物掻き破って敗血症であっという間に死んだからな
本当に恐ろしいわ


114
思っていたよりも有名店だったわ


122
猫派だけど
猫に対する見方が若干変化した


149
愛猫家にとっては気になるニュースだ



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.so/news/1663912158/

26 コメント
  • 1: 2022/09/23 19:21:55
    公園で餌やりしてる老害は罪
  • 2: 2022/09/23 19:22:17
    ここのラーメンはうまかった。トリュフを使ってるのもあったが、他にはないオリジナリティがあった。スーパーなんかでも袋で売ってる。
  • 3: 2022/09/23 19:35:37
    普段人間がかからんような感染症はやべえな
  • 4: 2022/09/23 19:37:18
    1年前、野良猫に左手の小指を本気噛みされた
    血がドバドバ出ていってえなぁって思ってて家族に今すぐ病院行け言われて
    めんどくさいから翌日病院いったら小指の第一関節より上がほとんど壊死してたわ
    あと1日遅かったら指切断でしたよって言われた
    まあ第一関節より上は切断になったんだけどね
    死ななかったのは運が良かったからなのかなぁ
  • 5: 2022/09/23 19:38:19
    ちなハムスターでもガチ噛みされるとなる。神経に細菌が入り込んで手がパンパンになる。後遺症あり。
  • 6: 2022/09/23 19:42:04
    可愛い顔して汚いな
  • 7: 2022/09/23 19:44:20
    これ恐ろしいのが猫好きが他の原因のはずだと5chとTwitterで暴れてるところや
  • 8: 2022/09/23 19:50:31
    展開早いし破傷風かなあ 皮膚科はちゃんとトキソイド打ったのかな…
    何にしてもご冥福をお祈りします
  • 9: 2022/09/23 19:50:32
    行くのは皮膚科じゃなかったと思うわ
  • 10: 2022/09/23 19:53:10
    ラーメンと猫を愛していた人が亡くなってしまうなんて
  • 11: 2022/09/23 19:54:14
    そもそもが寂しいなら人間同士でどうにかしろ、人付き合い面倒なら耐えろ
    介護犬とかの仕事以外で愛玩動物として飼うとか何様のつもりよ、と思う
  • 12: 2022/09/23 19:55:04
    免疫が低下していると注意かな。
  • 13: 2022/09/23 20:00:28
    俺も10年ぐらい前に飼いネコが原因不明のスイッチが入って本気噛みされて
    傷が腫れあがったわ。
    数日で治ったけど。
  • 14: 2022/09/23 20:11:17
    入浴させようとして噛まれたんだとしたら悲しいな
  • 15: 2022/09/23 20:17:25
    自己免疫が弱ってる人がどんどん増えてるな
    注射キライでよかった
  • 16: 2022/09/23 20:28:25
    猫好きが本当に猫の仕業なのか?って陰謀論に仕立てあげようとしてるの草
  • 17: 2022/09/23 20:32:09
    ※15
    mRNAワクが原因だとしたら怖いな
  • 18: 2022/09/23 20:33:48
    こういう事例もあるのに猫好き一切認めなくてほんま
  • 19: 2022/09/23 20:47:46
    遺族は“猫に咬まれ”は「事実無根」だとさ
  • 20: 2022/09/23 20:51:22
    犬、猫に限らないからな
    どんな動物にだって人間が免疫を持っていない菌を保有している可能性がある
  • 21: 2022/09/23 21:07:51
    つうか飼ってる猫にそこまで噛まれるって猫に何したの?甘噛みくらいならされるし、その時点で痒くなるからすぐに自分の手を洗って消毒するわ。血統書付きの猫でもこれだから雑種や野良はもっと色んな菌を持ってると思う。
  • 22: 2022/09/23 22:21:22
    三毛だと思ったら三毛別だった(体重340kg、吻端から後足の踵までの長さ2.7m)
  • 23: 2022/09/23 22:25:25
    ※21
    歯磨き用のおやつかみかみさせてたら指が巻き添えになったことならある
    普段どれだけ手加減してくれてるのか身にしみてわかった
  • 24: 2022/09/23 23:29:57
    なんでこんな大騒ぎされてんだ
    有名人扱いされてるけど聞いたこともないぞ
  • 25: 2022/09/24 08:23:28
    ラーメン界で初めてミシェランの星とった店の人だから
    当時めっちゃ話題だったしテレビも話題にしてたし
    十分有名だと思うよ
  • 26: 2022/09/24 13:33:37
    動物だけでなく、なんなら人間に咬まれてもやばい。口の中は菌だらけ。
コメントする
名前
コメント

オススメ記事
最近の関連記事

カテゴリ「生物・自然・科学・医療」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。