カナ速 - 2ちゃんねるまとめ

人気記事 - 7Days

最新記事




人気のまとめ一覧


123.jpg

1

地下鉄の運転士が約40分間にわたる“居眠り” 乗客270人にけがはなし、遅延も発生せず 名古屋

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/23297238/


2
人にAIの仕事をさせるのは難しいな


6
ただの睡眠


8
地下で労働させられてるからそれくらいはね


12
>8
帝愛みたいに言うな



スポンサーリンク
Pickup!

11
座ってるだけの仕事とかそりゃ寝ちゃうって


13
じゃあ寝てもいいな


14
既に無人の交通あるし
ホームの大改築できれば解決するんだろうな


16
運転手さん終点ですよって客に起こされたのかな


19
>16
ワロタ


29
>16
今月一番ワロタ


17
もう運転手いらなくね


20
>17
運転士はいらなくても車掌は必要だぞ


18
たしかに眠くなるだろうな
景色も同じだし


22
運転席を電気椅子か何かにして
指令室からの連絡にレスしなかったら電流流せば良い


23
>22
その後は乗客も心中か?


25
もうリニモみたいにしろよ


26
居眠り運転を繰り返していた
って駅に到着毎にねておきてをくりかえしてたのね


32
3.4分おきに止まる名城線で40分間手動でドアボタン押してたならそれ40分の居眠り運転とは言わなくね?


34
運転士が寝てても事故どころか遅延も起きないって良いシステムだな


42
要はもう運転士要らないんだろ
ドアの開閉係だけ雇えよ


9
暇だから寝ちゃうんだろうな



http://viper.2ch.sc/test/read.so/news4vip/1669864965/

オススメ記事
注目の記事

最近の関連記事

カテゴリ「乗り物」の最新記事

最近の記事
最近の人気記事
この記事へのリンク用タグ
<a href="http://kanasoku.info/articles/160447.html" target="_blank">【朗報】地下鉄運転士さん、自動運転のおかげで40分居眠り運転するが全く遅延なし!</a>
コメント
  • 1: 2022/12/02 09:42:15
    寝てたのにドアの開閉はしてたんだね。もう運転士じゃなくてドア係だな。自動運転で問題なく運行できるのが証明されたね。モノレールとかずっと前から自動だしやることないのに起きてろってのは酷だよな。
  • 2: 2022/12/02 10:11:28
    大阪のニュートラムのように
    自動走行にすべき
  • 3: 2022/12/02 10:13:30
    そりゃ景色も変わらん様なとこを自動運転でただ座ってろって誰でも寝るやろ
  • 4: 2022/12/02 10:41:20
    自動運転でいけるやん。ベテラン兼検査がたまに乗って整備しときゃいいでしょ。
  • 5: 2022/12/02 10:43:52
    鉄道もモノレールみたいに人が立ち入りしない状態が確保できれば無人化できるんだけどなあ。
    鉄道の危険察知もAI化するしかないのか。
  • 6: 2022/12/02 11:14:16
    >>2
    ニュートラムも無事故なら完全自動運転へのハードル下がったんだが・・・
    1993年に250人の乗客乗せたまま終点駅越えての暴走事故で215人負傷とか起こしてるからなぁ
    2019年には金沢シーサイドライン(横浜シーサイドラインの亜型)が出発逆走事故起こした
  • 7: 2022/12/02 11:15:35
    ※1
    運転手と車掌を兼任させるだけで人件費カットや!
  • 8: 2022/12/02 13:29:47
    県内でもその地下鉄のすぐ近く走ってるリニモが完全自動運転なんだけどな
    ただ地下鉄は乗車人数多すぎだから完全自動は厳しそうだ
  • 9: 2022/12/03 00:43:23
    これ人件費の無駄だよな
    子供の頃運転してんの見てたけど加減速とブレーキぐらいしかやってなくてずっと思ってた
この記事にコメントする
コメントする
名前
コメント

 以下の内容含むコメントはアクセス禁止対象とさせて頂きます。
 ・公序良俗に反する事項、個人情報、中傷誹謗、スパム行為
 ・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列
最近記事 | コメント(9) | 乗り物 | △ Page Top

人気記事 - 1Day

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。
また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。直ちに対処致します。